ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

善玉菌の力

腸の中の善玉菌は宿主の免疫力を高めてくれる!その増やし方は?

善玉菌は腸の中でおよそ2割を占めます。成人の大腸の善玉菌はビフィズス菌と乳酸菌です。

これらの善玉菌は、宿主の我々にとって大切な役割をはたしています。その中でも免疫力を高めることは、私たちの健康を維持する上で最も重要といえるでしょう。

では、善玉菌はどうやって増やせばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

善玉菌には、整腸作用・免疫力を高める・ビタミンを作るなどスゴイ働きが!

善玉菌には次のような働きがあります。

整腸作用がある。

腸内フローラのバランスを改善し、排便をスムーズにします。下痢の発生を抑制したり、便秘を改善したりするのです。

腸内でビタミンをつくる。

ビタミンB1・B2・B6・B12・Kなどをつくります。B群は、疲労を解消したり、エネルギーの生産を助けるという働きを持っています。

B群が欠乏すると、口内炎やアレルギー症状、貧血などの症状がおこります。

ビタミンKは、骨を強くしたり、出血時に血液を凝固させる働きがあります。

体の免疫システムを刺激し、体全体の免疫力を高める。

人体の最大の免疫器官である腸管を刺激し、体全体の免疫力を高めます。病原菌の侵入を防いだり、発がん物質を抑制したり、花粉症などのアレルギー症状を改善したりします。

悪玉菌の増殖を抑えてくれる。

悪玉菌が増えると腸の働きが衰えてしまします。善玉菌は腸内で乳酸や酢酸など短鎖脂肪酸を生成し、腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。

善玉菌が増えると、腸の働きが活発になります。

善玉菌を増やす食品は食物繊維とオリゴ糖。サプリメントもOK

善玉菌の増やし方は次のような方法があります。

善玉菌のエサとなる食品を食べる

善玉菌のエサは食物繊維とオリゴ糖です。

食物繊維は野菜類・豆類・イモ類・きのこ類などの不溶性食物繊維と、海藻類・やまいもなどの水溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方含まれる食品としては納豆・ごぼう・オクラなどが挙げられます。

オリゴ糖はきなこやごぼう、バナナ、納豆などに多く含まれています。

善玉菌を含み食品やサプリメントを摂る

ヨーグルト・チーズ・発酵食品の漬物・味噌・納豆には善玉菌がたくさん含まれています。

善玉菌を腸内に取り入れても、外部から摂取した菌が宿主の腸内に棲みつくわけではありません。3~7日ほど腸内にとどまり、そのあと排出されます。

%e5%96%84%e7%8e%89%e8%8f%8c%ef%bc%92

 

まとめ

善玉菌は便秘や下痢を改善するだけでなく、人体の免疫力を高める働きがあります。また、悪玉菌の増殖を抑える物質を生成し腸内の環境を整えてくれます。

善玉菌を増やすには、善玉菌のエサである食物繊維やオリゴ糖などを摂ることです。

また、善玉菌を多く含む食品やサプリメントを摂ることで善玉菌を増やすこともできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-善玉菌の力

error: Content is protected !!