ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少年・青年漫画

約束のネバーランド65話・ネタバレあらすじと感想レイはエマを助けられるか?

2017/11/26

目を覚ませばそこは・・・・・・

楽園?
風車が回り、旗がたなびく
花は咲き
水路にはアヒルたちが親子で泳いでいる

穏やかな村

「うっ・・・・」

エマは頭をおさえた。
朝だ、私・・・・
あれからどうして・・・・?

スポンサーリンク

約束のネバーランド65話ネタバレあらすじエマINゴールディ・ポンド

ゆっくりと立ち上がり村のレンガ通りをあるきだすエマ。
木々に飾られたイルミネーションや建物の2階に飾られた風船。
何かをお祝いしているようだ。
お祭りかな?

ポストのある家々。
玄関に飾られた鉢。

しかし人はいない。
見知らぬ村にエマはただ一人だけのようだった。

落ち着け・・・
思い出すんだ
私あの時・・・・

捕まった?
一体何に・・・・

「レーーイ、オジサーーーン!!」

エマは混乱した頭で捕まったときのことを思いだそうとしていた。

歩いていくとレンガ通りには「WELCOME」のアーチがかかっていた。

「WELCOME(ようこそ)・・・・?」

WELCOMEの文字に違和感を思えたがエマはいま来たレンガ通りを急いで戻った。

どこもカラフルで絵本の中のような村。
でも静かすぎる・・・
人っ子一人見当たらない・・・・・・

窓から部屋の中を覗くと飲みかけのスープとパン
子どもが遊んだあとに片付け忘れたように置き去りにされているぬいぐるみ

ピエロ1

エマは目の端でちらりと有線放送のスピーカーが道に設置されているのを捉えた。。。。
なぜスピーカーが?
何のために?

ふいにエマは走り出した。
何かを見つけたのだ。

エマの目線の先には大きな屋敷があった。

なんだろう・・・・・お屋敷?
でも ここは鬼の世界だよね?

これにこの風
冬のはずなのにまるで春
気も鼻も草も
空気も
昨日までの森とぜんぜん違う・・・・
そして私は無傷・・・・・・・・・・

私が捉えられてからいったいどれほどの時間が経っているのか?
1日?
3ヶ月?
半年?

そしてここは一体どこ?

見上げた屋根には不気味なピエロたち。

トランプ

突然人の気配がした!!!
子どもだ!!

「待って!!ねぇお願い待って!!」

逃げる少年の後を必死に追いかけるエマ

一体ここは何処なの??お願い!教えて!!

しかしエマは少年を見失ってしまった

自分の手を見ると手のひらの文字がかかれている!

USE YOUR PEN 

USE YOUR REN (お前のペンを使ってみろ)

そうだ!ペン
エマはペンを使ってこの場所を確かめる!

ここは・・・・・ゴールディ・ポンドだった。

エマは看板を見つける。
ここにもピエロが。
看板には

『MUSIC 音楽』
『MONSTERS 怪物』
『SURVIVE 生き残れ』

と、書かれていた。
いきなり有線放送のスピーカーから大音量の音楽がなった。
次は『怪物』の出現か?

「怪物が来る。」
背後にはいつの間にか先程の少年が立っていた。
「怪物が来る。早く隠れたほうがいいよ。」

ここに鬼たちが現れるというのだ・・・・
エマは鬼たちが狩りを楽しむために生け捕られたのだった・・・・

約束のネバーランド65話ネタバレあらすじレイとオジサンの補説

エマを助けようとするレイ!
しかしオジサンはレイを止めた。

追うな!お前まで連れ去られる
逃げるぞ!!

オジサンはレイを抱えて一目散にこの場を離れた

離せ!離せ、このッ・・・・
レイは叫ぶ。

オジサンはレイに言った。

「騒ぐな・・・・
あいつ(エマ)はまだ生きている・・・・
おそらくは始まっていない・・・・
しばらくは死なん。

だが・・・・・・・・。」

オジサンによるとエマは密猟者に捕まったのだという。
やつらは知性のある鬼、知性鬼だという。
知性鬼はゴールディ・ポンドにいるのだ。
オジサンはエマをゴールディ・ポンドに連れ込んでこの知性鬼たちの獲物にしようとしたのだ。

数日前に銃弾を撃ちこんだ鬼たちの群れを見て知性鬼は気づいてしまったのだ!脱走した人間がこの森にいることを!
そして鬼たちはエマを見つけて連れ去ったのだという。

オジサンは昔同じように鬼に銃を打ち込んだために知性鬼に捕まってしまったのだ。

ここでオジサンは仲間を失ったのだ。
そしてたったひとりで逃げたのだ。
知性を持った鬼たちの狩場!
それがこのゴールディ・ポンドの正体だった。

レイは悔しさと怒りで叫んだ。
「てめぇ・・・・策が嵌って(はまって)満足か・・・・・。」

オジサンは笑うどころかこういったのだ。

「悪かった。今はもうお前らに害を加えるつもりはない。取り返せるなら追ってそうしてやりたい。」

オジサンは完全に自分を取り戻していた。
エマがオジサンの呪縛を解いたんだ。

オジサンだってエマを助けたい、が、しかしあまりにもそれは無謀なことのようだった。

オジサンの家族はここで命を失っているのだ・・・・

あいつはもう無理だ、というオジサンの言葉に対してレイは

「うるせぇ!エマも絶対に連れて帰る!」

と言う。

ピエロ2

さぁ、音楽がなった!

狩りの始まりだ!!

放し飼いにしている食用児を金持ちの人食い鬼が狩りに来る時間なのだ。

鬼本来の狩猟本能を満たすために作られた秘密の猟場・ゴールディ・ポンド!!

遠くで足音が近づいてくる・・・・・

約束のネバーランド65話・ネタバレあらすじの感想

オジサンとレイはエマを助けるようですね。
自分らしさを取り戻したオジサンは残念ながらもう、いつでも死んでいける駒だけど長く生きていてほしいです。
オジサン、エマを助けてやって!!

乱暴すぎる感想ですが、本心です。
ソンジュにもらった何かも役に立つだろうし、エマ、頑張って!!

白井カイウ先生と出水ぽすか先生に敬礼!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少年・青年漫画

error: Content is protected !!