ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少年・青年漫画

約束のネバーランド第98話最新話ネタバレあらすじと漫画の感想!考察も

話がドンドンと進んで行きますね!
素晴らしい!

約束のネバーランド第97話最新話ネタバレあらすじと漫画の感想や考察を始めます。

スポンサーリンク

約束のネバーランド第97話最新話ネタバレあらすじ


2031年12月

ミネルヴァの意思を継ぐ仲間が射殺された。
ピーター・ラートリーが裏切り者を見つけ出したのだ。
食用児に救いの手を差し伸べる者は誰だろうと許さなかった。
たとえ一族のものだろうと。


2046年3月

ピーター・ラートリーの命令で食用児たちを抹殺する命令がくだされた。
命令を受けた戦士たちは食用児を見つけるべくシェルターを回っていた。
しかしそこには食用児たちの姿はなかった・・・・
エマやレイたちは一体どこのシェルターにいるのか?
見つかるのも時間の問題なのだろうか?


B06-32シェルター

エマやレイたちのクラスシェルター。
現在63名の大所帯。
でもみんななかよし。
みんなで助け合って料理をしたり、
食料を調達したり
掃除をしたり・・・・

エマたちはここで安穏と暮らしているわけではなかった
食用児のいない世界を作るために
歴史を変えるために
外部の支援者たちと連絡を取らなくてはならない
しかし
それには危険がついて回る
自分たちの居所を敵に突き止められれば殺されてしまうだろう

シェルター内には電話があった

指定された電話番号にかけるためだけの電話。
電話をかけて1週間以上が経過した


ジリリリリリ・・・

電話からモールス信号が!

イマハアエナイ
キヲツケロ
テキハ ピーター・ラートリー

合言葉を聞く前に電話は切れた。

ピーター・ラートリーの命令を受けて食用児を見つけ出そうとする男がいる。
名前はアンドリュー
アンドリューは食用児の足取りを辿るが見つけられない。
つまり
食用児の協力者がいる、とピーター・ラートリーに連絡をしている。

ピーターはアンドリューに食用児の抹殺だけでなく協力者全員も抹殺するように命令をする!

第97話漫画の感想と考察

2031年。これは西暦か?
ということはこの約束のネバーランドは未来の話。というか現在も鬼たちとの契約が秘密裏に行われているという設定ですね。
私たちが今こうして息をしているときも、どこか同じ時間軸で鬼たちが食用児たちを育てているということですね?

人道的に考えたら『食用児』を助けたいと思う人間がいても全く不思議じゃないですよね。
ミネルヴァさんたちが「命を救いたい」と考えたのは同然のことですよね・・・・

また
ピーター・ラートリーさんも人類規模の救済を考えたときには犠牲は必要と考えたのでしょう。。。。
しかし冷酷ですね。
裏切り者を殺すように命じたピーター・ラートリーですがきっと仲良かった者や知り合いもいたでしょうに・・・・
心が傷まなかったのかな?
だとするとサイコパスですね・・・・

あと本格的な訓練をされた兵士たちと子供中心の食用児の対決ですが不利ですね・・・
スマホで話すアンドリューやピーターに比べてアナログ電話しか知らなそうなエマ達。これって力の差を物語っていますね・・・・

でもレイやエマたちの頭脳を総動員して頑張ってもらいたいです・・・

後は味方でしょうか・・・・マントを着た人物。
もしかして鬼かもしれないですね・・・・(鬼なら下心たくさんありでしょう・・・・)
それとも
単純に支援者と考えて良いのでしょうか??

気になるところです。

この社会の均衡が崩れたら鬼たちが人間狩りにやってきてしまうのでしょうか・・・・
昔から「生贄」ってありますよね。
生贄を差し出さなかったとき村がめちゃくちゃになったとかいう昔話はよく聞きます。
それを解決してくれるのは、昔から強い男性でしかありませんでしたが、「約ネバ」ではどうなのでしょうか・・・・

偉い人物が契約してくれたって守らないやつもいるだろうし・・・・

http://xn--lcktd5e.net/wp-content/uploads/2018/08/-e1533566740166.png

お前たちだって肉を食うなと言われても無理なやつもいるだろう?

 

http://xn--lcktd5e.net/wp-content/uploads/2018/08/-e1533566757664.png

大豆製品ではダメなんでしょうか・・・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少年・青年漫画

error: Content is protected !!