ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少年・青年漫画

約束のネバーランド第97話最新話ネタバレあらすじと漫画の感想!考察も

ついに手にしたミネルヴァの真実。
シェルターへ帰ってきたエマたちは掴んだ真実をみんなに話す。

みんなの心を一つにするために。

約束のネバーランド第96話最新話ネタバレあらすじは次の策をみんなで決めて動き出す大きな作戦会議となりました。

漫画の感想や考察を含めて96話のあらすじを始めます!

スポンサーリンク

約束のネバーランド第96話最新話ネタバレあらすじ

これからどうする?逃げるか戦争か?

もって帰ってきた秘密をみんなに話すエマ達。
みんなは驚いていたのは言うまでもない。

「あったんだ・・・(人間の世界が)本当に。」
「まさか 私たちが育ったGFに出口があったなんて・・・」

ミネルヴァは食用児たちのために細かな支援計画を残しておいてくれた!

行き来の道
支援者
農園の設計図
Λ(ラムダ)計画
七つの壁
支援者との連絡のとり方

やろうと思えば今すぐにでも人間の世界に渡れるほど懇切丁寧な計画だった
しかしレイはみんなにラートリー家の存在の危険さを訴える。

ラートリー家は人間の秩序を守るために鬼との約束を取り決めた一族。
いわば人間界の守護神だ
ラートリー家は全力で食用児を殺しに来るに違いない!
人間界に逃げても追ってくるだろう。

我々食用児は
鬼にとっても
人間の平和にとっても
邪魔な存在なのだ・・・・

しかも自分たちのせいで鬼VS人間の戦争が再び起こる可能性もある・・・・

逃げるか?
戦争か?

エマの考えは違っていた・・・

第3の道

エマの望む未来は戦争のない世界
食用児たち全員が解放された平和な暮らし

追われることがない世界にしてから、この世界を出ていきたいのだ

そのためには鬼のトップと話し合いたいというのだ。
七つの壁を探し出して
彼(鬼のトップ)と新たな約束を結ぶというのだ!

人間を食べたい鬼たちにとってその約束はメリットが有るのか??

しかしその問題に関してはなにか解決策があるようだ。
エマは指差す。
「交わされたもう一つの約束・・・・」

レイが「そうか!」となにか気づいたようだった。

狭い狭い一本道を目隠しで通るようなエマの提案。
しかしみんなはエマを信じている。
エマだから従うのだ。
誰も異議を唱えるものなどいなかった。

今やらなくてはいけないことは次のようなことだった。

支援者に連絡を取る
七つの壁を探す
鬼のトップに会って、約束を結び直す
フィルタ地を迎えに戻り人間の世界に渡る

話を聞いていたユウゴやルーカスももちろん賛成だ。
みんな誰もがエマの考えに賛同した。
一つになっていた。

漫画の感想や考察

最後の場面
ミネルヴァを追い詰めた(きっと死に追いやった)ピーター・ラートリーが出てくるようです。
ミネルヴァの弟であり
人間界の守護神とも言うべきか?

彼は悪者に描かれているけど
人間界の平和の守護神とでもいうべきか?

鬼が人間を食わなきゃ良いんだ
昔から生臭いものが好きって言いますが
なんでしょう?

私たちが肉を食べるように鬼も食べるなら
鬼に対して文句が言えるのは菜食主義者だけかも・・・・
なぜって
鬼も食用として人間を育てているから。

なんだろうね、取り決めって。

白井カイウ先生と出水ぽすか先生に敬礼!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少年・青年漫画

error: Content is protected !!