ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸と腸内細菌

新生児、乳児、高齢者の腸内細菌叢!ミルクと母乳の比較

2017/09/24

スポンサーリンク

新生児の腸内細菌叢は?乳児もビフィズス菌がある?

ヒトの腸内に細菌が棲みつくのはいつ?

実はお母さんの胎内にいるとき、赤ちゃんの腸内は無菌なのです。

新生児となって生まれると、皮膚や気道、消化器官などに細菌が増殖し始めます。出生後初めて出る便は無菌なのですが、翌日の便には大腸菌や腸球菌、クロストリジウム、酵母などが出現します。

哺乳後、最近の数は急激に増加し、生後一日目になると、ほとんどの赤ちゃんの便には大腸菌、腸球菌、乳酸棹菌、クロストリジウム、ブドウ球菌などが見られるようになります。

生後3~4日後になるとビフィズス菌が出現し始め、初めに出現していた大腸菌、腸球菌、クロストリジウムなどは徐々に減少し、5日目ごろになるとビフィズス菌が最も優勢になるのです。

母乳やミルクと腸内細菌の関係

母乳で育てられた赤ちゃんはミルクで育てられた赤ちゃんよりも消化不良症や赤痢などの腸内疾患にかかりにくく、死亡率も低くなっています。

こちらを見つめるおむつだけの赤ちゃん

それは腸内細菌叢が違うからだといわれています。

母乳で育てられている赤ちゃんの腸内細菌叢はビフィズス菌が最も優勢なのに対して、ミルクで育てられた赤ちゃんの腸内細菌叢はビフィズス菌に割合が低いのです。母乳で育てられている赤ちゃんの腸内細菌叢の90%以上はビフィズス菌ですが、ミルクで育てられた赤ちゃんの腸内からは大腸菌や腸球菌なども優勢に出現するだけでなく、バクテロイデスやユウバクテリウム、嫌気性レンサ球菌なども出現するのです。これらの菌は大人の便の最も優勢な菌なのです。

離乳してから大人までの腸内細菌

離乳食を食べるようになると腸内細菌叢は大人と似てきます。

バクテロイデスやユウバクテリウム、嫌気性レンサ球菌などの嫌気性菌が増えていきます。

大腸菌や著球菌も減っていきますが、ビフィズス菌の菌種も変わっていきます。

乳児のころはB.infantis、B.breveというビフィズス菌だったのが消失してしまい、かわってB.adolescentis、B.longum(ロンガム種)が優勢に出現するのです。

そして幼児の腸内細菌は大人とほぼ同じになってきます。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(森永 ビヒダス http://bifidus.jp/about/ )

高齢者の腸内細菌

高齢者になると腸内細菌の数は減少していきます。ビフィズス菌が便から検出されない人も見られるようになります。

そして、ウェルシュ菌が多くの高齢者の便からたくさん検出されるようになるのです。

乳酸棹菌、大腸菌、腸球菌も増加していきます。

これは腸内細菌叢の老化とみることもできます。

腸内フローラと年齢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

胎児のときに腸内に細菌はいない。出産した翌日から便には様々な菌が検出されるようになってくる。

母乳で育っている乳児の腸内細菌叢は90%がビフィズス菌である。ミルクで育っている乳児の腸内細菌叢は大人の腸内細菌叢と似ている。

老人になるとビフィズス菌は減少していき見られないこともある。かわって大腸菌や腸球菌などが増加していく。これは腸内細菌叢の老化と考えてよい。

新生児と腸内細菌②について続きはこちら

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸と腸内細菌

error: Content is protected !!