ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸と腸内細菌

腸内細菌の種類と役割!善玉菌と悪玉菌と日和見菌の働きとは?

腸の中には、およそ100兆個もの細菌がいるといわれています。人間の細胞が60兆個といわれていますから、腸の中の細菌の数がいかに多いかわかるでしょう。

腸の中は多くの腸内細菌が種類ごとにまとまって腸内の壁面にひしめき合い生息しています。その様相は植物などの群生に似ているため腸内フローラ、腸内叢とよばれています。フローラとは花畑、叢とはソウと読み、草むらという意味なのです。

スポンサーリンク

腸内に棲む細菌は3種類!善玉菌・悪玉菌・日和見菌

腸内細菌は大きく3種類に分けられます。善玉菌・悪玉菌・日和見菌です。

善玉菌(有用菌)は腸内環境を整え免疫をつくる

まずは善玉菌(有用菌)。人の体に有用な働きをしてくれる細菌です。消化吸収の補助、免疫刺激などの働きをします。さらに、腸を健康にしたり、悪玉菌の侵入を防いだりしてくれます。

有名な細菌としては、ビフィズス菌、乳酸棹菌、アシドフィルス菌、フェーカリス菌などがあります。

人間の大腸の中のほとんどはビフィズス菌です。そのほかの善玉菌はごくわずかで1%以下といわれています。

 

悪玉菌(有害菌)は腸内を腐敗させる

悪玉菌は腸内環境を悪化させます。腸の中の食物を腐らせ有毒物質を作り下痢や便秘を引き起こすのです。また、免疫力を弱めたり発がん物質をつくったりします。老化を引き起こす原因を作るのも悪玉菌です。

悪玉菌には、大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、ベーヨネラなどがあります。近年、悪玉菌よりも悪性の高い超悪玉菌と呼ばれる細菌の存在も明らかになってきました。

ETBF菌とよばれる超悪玉菌は腸内に炎症を起こし大腸がんのリスクを高めます。

日和見菌は腸内細菌数トップ

一番数が多い細菌が日和見菌で、善玉菌でも悪玉菌でもない細菌なのですが、善玉菌が強いときは善玉菌の加担し、悪玉菌が強いときは悪玉菌に加担します。

つまり健康な時は無害なのですが、免疫力が低下すると悪玉菌として働いてしまうのです。

大腸菌、バクテロイデス、連鎖球菌などがあります。

 

 

%e8%85%b8%e5%86%85%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%80%80%e5%96%84%e7%8e%89%e6%82%aa%e7%8e%89%e6%97%a5%e5%92%8c%e8%a6%8b

 

まとめ

腸の中には100兆個もの腸内細菌が腸壁に群生しています。それらの菌は、人体に有益な菌を善玉菌(有用菌)、人体に有害な菌を悪玉菌(有害菌)、どちらでもない菌を日和見菌といいます。

善玉菌は消化吸収のほか、宿主である私たちの体を健康にしたり、悪玉菌の侵入を防いだりする働きがあります。悪玉菌は私たちの腸の健康を害し、便秘や下痢を引き起こします。

善玉菌でも悪玉菌でもない菌を日和見菌とよび、私たちの体調によって、善玉菌側についたり、悪玉菌側についたりします。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸と腸内細菌

error: Content is protected !!