ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸の役割

小腸と大腸の場所や長さや形は?腸の役割って?

スポンサーリンク

腸の構造と役割!体内での場所は?長さは?どんな形?

腸の構造!機能的な消化管の役割

口から肛門までを消化官といいます。

原生動物には口はあるが肛門がない生物もいますが、進化の過程で各器官が機能的に分担するという消化官が発達してきました。

つまり消化官にはそれぞれに役割があるのです。

消化管は口から肛門までつながる一本の管で、人間だとその長さは9mほどになります。

その管を食べ物が通過していく中で生き物は生きていくうえで必要な栄養を効率よく取り入れているのです。

まずで食物の粉砕をしたあと、唾液と食物が混ざます。そこから40㎝ほどある食道を通り胃に入ると、消化が始まります。

の中では食物がより細かくなり、分解も始まります。

こうしてどろどろになった食べ物は7mほどもある小腸に運ばれ栄養の吸収が始まるのです。

 

腸は小腸・大腸からなり、食べ物を消化し栄養素の吸収と、便を作ることが主な役割です。

小腸は十二指腸、空腸、回腸に区別されます。

小腸の内容物が大腸に移ると水分の吸収や便の固形化が始まります。

大腸は長さは1.5mほどで、盲腸、結腸、直腸、肛門管に区別されます。

大腸の構造は内側から順番に

粘膜

粘膜下層

固有筋層

漿膜下層

漿膜

の5つの層に分かれます。

粘膜は直接食べ物と接するので、食べ物(内容物)と広く接地することができるようにひだ構造の腸柔毛となっています。

粘膜下層は血管やリンパ管を神経で形成されています。この腸管神経は、人が生きていく上で脳の判断とは切り離された行動をとります。そのため、腸は「第二の脳」とよばれています。

1

(出典 http://minds.jcqhc.or.jp/n/public_user_main.php  )

固有筋層は筋肉です。腸が動くのは腸の壁に筋肉があるからです。大腸の壁に並行している筋肉と、大腸の壁に筒状になっている筋肉からなっています。

漿膜下層(しょうまくかそう)も血管やリンパ管の通り道になっています。

人間の体内での場所や長さ、形や広さは?

小腸の場所は人間の中心にあります。栄養を体内に取り込むという、生きる上で最も大切な役割を担ってるためでしょうか?

小腸の中は食べ物との接地面性を増やすためにひだになっています。

そのひだはテニスコート一面分の広さもあります。長さは7mほどあります。

1

大腸は小腸を囲む形をしています。長さは1.5mほど。この中には腸内細菌が生息しており、宿主の健康と大きくかかわっています。

1

小腸の十二指腸、空腸、回腸の役割は栄養分の吸収

十二指腸は胃の出口にあります。どろどろになった内容物をさらに細かくしたり、小腸で栄養分を吸収しやすくできるように膵液や胆汁の分泌を行います。

膵液は膵臓で(すいぞう)で作られた消化酵素を多く含む消化液のことです。胆汁は肝臓(かんぞう)でつくられた消化液のことです。胆汁はを胆道(たんどう)を通って十二指腸に送られてきます。

空腸と回腸ははっきりとした境界線はなく大まかな場所は空腸は腹部の左上、回腸は腹部の右下です。空腸は回腸よりもやや太く、腸液が分泌され、最終消化を行う場所です。ただ、空腸は内容物が早く通過することが多く、内容物がない場合が多いために「空腸」といわれています。単糖類や水溶性ビタミンを吸収する役割があります。ミネラル類は十二指腸から空腸上部で吸収されやすいことがわかっています。

回腸はビタミンB1とビタミンB2を吸収する役割を担っており、回腸の最後のあたりにある吸収部分を切除するとビタミンB1やビタミンB2の不足が起きてしまいます。胆汁も回腸から吸収されます。

 

大腸の盲腸、結腸、直腸、肛門管の役割

盲腸小腸から大腸につながった下の部分の先に突き出た5~10cmほどの先端が閉じた突起物です。人間の盲腸は退化してしまい、盲腸になると手術をして、切ってしまう人もいます。しかし最近の研究では善玉菌を育てている場所なのではないか?などといわれています。無駄な臓器などないのでしょうね!

結腸は水分を吸収し、便を作る役割を担っています。また、ナトリウムなどの電解質も吸収したり、小腸で吸収できなかったたんぱく質や炭水化物を吸収します。上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸などにわかれます。「コロン」とも呼ばれます。S状結腸は便をためておく役割を持っています。

直腸は肛門管の手前の約20センチほどの長さの大腸です。直腸はS状結腸に貯留されている便を肛門まで送る役割を持っています。

肛門管は便を排出する場所です。

まとめ

消化管の一部である小腸と大腸は食べ物の消化・吸収と便の生成という役割を担っている。
小腸は十二指腸、空腸、回腸からなり、主に栄養分を吸収する。
大腸は盲腸、結腸、直腸、肛門管からなり、水分を吸収し、便を作る役割を担っている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸の役割

error: Content is protected !!