ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

サブカルチャー

北田雄夫のアドベンチャーマラソン!情熱大陸inモザンビークが過酷

2017年12月3日の『情熱大陸』でマラソンランナーの北田雄夫さんが特集されました。

北田雄夫さんはただのマラソンランナーではありません。
アドベンチャーマラソンという過酷なマラソンに参加するアスリートです。
北田雄夫さんはこれまで7大陸すべてでおこなわれたアドベンチャーマラソンを完走しています。

北田雄夫さんってどんな人なんでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

モザンビークのアドベンチャーマラソンって?

アドベンチャーマラソンとはランナーが自分一人で食料や寝袋、衣類、サバイバル道具を背負い、
200kmから1000kmほどの距離
を走る過酷なマラソンです。
水以外にレースに必要なすべての荷物を背負いながら過酷な環境をタイムを競いながら走り抜くレースです。
 

灼熱の砂漠、
極寒の氷河や南極、
崖のある険しい山岳地帯
など走り抜ける場所は過酷で挫折する人も多いというアドベンチャーマラソン。

ゴビ砂漠の、アドベンチャーマラソンの様子

ゴビ砂漠アドベンチャーマラソン  

南極のアドベンチャーマラソンの様子

南極アドベンチャーマラソン  

北田雄夫さんは2017年11月5日から9日の5日間、モザンビークで開催されたアドベンチャーマラソン『Ultra Africa Race』に近畿大学のAC(アスリートクラブ)で3位になりました。凄いです!

モザンビークはこちら

モザンビーク地図  

モザンビークでのアドベンチャーマラソンの様子。

アドベンチャーマラソンモザンビーク  

そしてゴーーール!おめでとうございます!

北田雄夫さん  

北田雄夫さんのアドベンチャーマラソン!

北田雄夫さんは、もともとは大学では短距離の選手だったようです。
就職後、興味本でトライアスロンを始めたそうですが、結果はひどかったそうです。

水泳は50m泳ぐのが精一杯。
富士登山は8合目で高山病。
人生初のフルマラソンは4756位だったといいます。

北田雄夫さん。優しそうな方ですね。

北田雄夫1

北田雄夫2  

マラソンの北田雄夫のプロフィール

1984年生まれ。(33歳)
大阪府堺市出身。

好きな言葉:必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ/織田信長
献身と決意、そして日々自分の限界に挑み、挑戦することを楽しむこと/ジュリー・ディベンズ

近畿大学陸上競技部に入部後、選手として主将として日本選手権4×400mリレー3位。
しかし翌年の日本選手権で自分自身の限界を知り挫折したそうです。

国内頂点のトライアスロンレースIRONMAN完走、アフリカ最高峰キリマンジャロ5,895m登頂、山口萩往還140kmマラソン完走
2014年からアドベンチャーマラソンに参加を始める。

2014年6月 Gobi March(中国/ゴビ砂漠250km)走破。51位。
2014年10月 Atacama Crossing(チリ/アタカマ砂漠250km)走破。64位。
2015年5月 THE TRACK(オーストラリア521km)走破。世界10位
2015年8月 FIRE+ICE(アイスランド 250km)3位。
2016年9月 GRAND TO GRAND(アメリカ273km) 8位
2016年11月 THE LAST DESERT(南極250km) 2位
2017年2月 ICE ULTRA(北極圏スウェーデン230km) 3位
2017年11月 Ultra Africa Race(モザンビーク5日間216km)3位入賞。

2017年、『日本人初の世界7大陸アドベンチャーマラソン走破』を達成。

 

多くのアドベンチャーマラソンにチャレンジをする北田雄夫さんですが順位をどんどん上げていっているんですね。
『KINDAI PICKS』での北田雄夫さんのインタビューでは、レースが過酷になるにつれて順位も上がっていったと書かれています。

ちなみにアドベンチャーマラソンの賞金は0円です。
参加費や遠征費も自分持ちで1大会に出場するためには60万以上のお金がかかるのだそうです。

北田雄夫さんのアドベンチャーマラソンについてのすごい話

アドベンチャーマラソンはとっても過酷のようです。
挑戦し続けている北田雄夫でもレースが始まれば、熱中症、脱水症、高山病、幻覚、化膿、凍傷など、想像を超えたトラブルが毎回起こるのだそうです。
さらに死の危険を感じることもあるそうですよ。
十分な食べ物ももっていけないからずっと空腹で、お風呂にも入れないそうです。

リュックの中の食料!
北田雄夫さんの定番はミックスナッツ、チョコペーストだそうです。噛みごたえがあるものが良いそうですよ。ゼリー系は少なめ。
糖分やカロリーが高いものを飽きないようにたくさん持っていくそうですよ。

リュックの中身アドベンチャーマラソン  

はじめのレースではカップラーメンを持っていたそうです。
しかし3日で飽きて・・・・・
で、現在の食料になったんだとか。

レースが近くなると空腹に耐えられるように食事をギリギリまで減らすそうです。過酷ですね・・・

毎回肉体も精神もボロボロになりながらゴールをするそうですが、走破した時はその苦しさを超える大きな喜びがあるそうです。
レースを終えるたびに「今回も生きて帰れた」ことに感謝をするようです。

 

近畿大学の方による北田雄夫さんへのインタビューがありましたので紹介します。

北田雄夫さんのインタビュー
 

北田雄夫は世界7大陸アドベンチャーマラソンは走破されたのですが、次なる目標も決まっているんだそうです。
実はトランスピレネーという山岳レースだそうですよ。
フランスとスペインにあるピレネー山脈を走るアドベンチャーマラソンで、高低差は6万5000m!距離は66km!!
さらなる挑戦を続ける北田雄夫さんから目が離せません!  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サブカルチャー

error: Content is protected !!