ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

便秘の解消方法

頑固な習慣性便秘を改善!その解消法とは?

2017/10/07

便秘じゃないときは、とっても体が軽いのに、便秘になるとお腹が重い。

トイレに行ってもすっきりしない。慢性の習慣性便秘はつらいですよね。

そんな頑固な便秘を抱えている人に、その解消法をお伝えします!

スポンサーリンク

習慣性の頑固な便秘を治すための解消法

頑固で慢性の便秘を治すためには、腸を元気に働かせることが必要です!!

腸が元気になれば、食物は腸の中で栄養素を吸収し、便を作り、それが蠕動運動(ぜんどう運動)によって速やかに排便されるのです。

腸が元気になれば、慢性の便秘は治ります。

では腸が元気になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

それは腸にとって良い食べ物を食べることです。では腸を元気にする食べ物を紹介していきます。これらは一時的に摂取するのではなく継続的に摂っていく必要があります。

食物繊維

食物繊維の役割は4つあります。

①水分を含んで便を柔らかくする。

②便のかさを増す。

③腸内の掃除をしてくれる。老廃物や有害物質などを外へ出す働きがある。

④大腸を弱酸性に保つ働きがある。善玉菌が増えやすい。

かぼちゃやバナナは食物繊維を含み腸に良い食べ物といわれています。豆類、根菜類も食物繊維を多く含む食品です。

ただし食物繊維の摂りすぎも腸に負担をかけてしまうことがあります。

発酵食品

発酵食品とは微生物によって発行した食品です。発酵食品は腸の働きを正常にしてくれます。

代表的なものとしては、チーズ、ヨーグルト、納豆、キムチ、くすぎ漬けだけでなく、私たちの調味料である醤油、みそ、みりんも発酵食品です。これらの中には微生物である乳酸菌が含まれており、腸内の免疫機能を高める効果があるといわれています。

たとえ生きて腸に届いても乳酸菌は腸内で増殖などしません。しかし乳酸菌の細胞壁の中にある菌体成分は腸内の環境を整えるのにとても有効です。ですから継続的に発酵食品を摂ることは腸を整えることに繋がるのです。

また、乳酸菌が生成した物質は腸を刺激し、腸の蠕道運動を促すだけでなく、すべての病気を改善する免疫物質も作ってくれるのです。

プレバイオティクス

プレバイオティクスとは腸内の乳酸菌の食べ物です。オリゴ糖や食物繊維などをいいます。善玉菌はオリゴ糖などを消化し増えていきます。腸の中に善玉菌が増えると腸は正しく動き始めます。

まとめ

慢性便秘をなくすことは、腸が元気に動くということです。そのためには腸に良い食品を摂ることが大切です。その食品とは食物繊維、発酵食品、プレバイオティクス(乳酸菌のえさ)です。

食物繊維は便を柔らかくしたり、便となってかさを増したりします。発酵食品(乳酸菌)は腸内の免疫効果を高め、プレバイオティクスは乳酸菌の餌になり、菌の活躍を助けます。これらの食品を継続的に摂ることによって、あなたの腸が元気になっていくのです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-便秘の解消方法

error: Content is protected !!