ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

寺社仏閣

正月飾りは何時からいつまで(外す日・片付ける日)?処分方法は神社?自宅?寺?

正月飾りを玄関などに飾るときは何時(いつ)飾ればいいのでしょうか?

またいつまで飾るのがいいのでしょうか?
外す日(片付ける日)も気になりますよね。
また外した正月飾りの処分方法も調べてみました。神社でなくて、お寺や自宅でも処分ができるのかも調べてみました。

正月飾り (1)

スポンサーリンク

正月飾りは何時から飾る?

正月飾りは何時から飾ればいいのか?それは

12月26日~12月28日

と言われています。

正月飾りは正式には12月13日以降に飾ればいいことになっています。
12月13日は「正月事始め」といい、正月を迎える準備を始める日。
しかし
現代は日本でもクリスマスのイベントで多くの家庭がクリスマスリースなどを玄関に飾っており、クリスマスの25日を過ぎてからのほうが無難でしょう。

さらに正月飾りを飾らないほうが良い日は29日。
9のつく日にちは「苦」を連想されるために縁起が悪いとされているからです。

また正月の前日である31日に飾ることも良くないとされています。
「一夜飾り」と言って、前日に飾ることは、慌てて飾ったという意味でお迎えする神様に失礼にあたるからです。

車や神棚などもどうようです。

いつまでに外す?(片付ける日)

正月飾りは正月を祝う期間は飾っておきます。
正月を祝う期間は「松の内」といいます。
地方によっても変わっています。

関東では1月7日まで。
関西では1月15日までとしているようです。




処分方法は?神社か寺か自宅か?

どんどん焼き

神様をお招きした正月飾りですからゴミ箱へ捨ててはいけません。

お正月飾りの処分方法はどんどん焼きが良いとされています。
どんどん焼きとは正月飾りなどを一斉に集めて燃やす行事です。
どんどん焼きは一般的には1月15日に行われるところが多いようです。
どんどん焼きの火に当たると、その年1年は健康でいられると言われています。

神社

神社で引き取ってもらうという方法もあります。
多くの神社はお清めの後に正月飾りを焚き上げてくれます。
大きな神社では年間を通じて御札や絵馬、お守りなどを返納できる場所がありますので
確かめてお願いしましょう。

お寺

お寺は仏様をお祭りするところなので
神様をお迎えするための正月飾りを収める場所としてはふさわしくありません。

まとめ

正月飾りは12月のクリスマスを過ぎた26日ころから飾るのが良いでしょう。
ただし29日や31日は避けます。

外す日(片付ける日)は関東では1月7日ころまでに。
関西では1月15日ころまでに。

外した後はどんどん焼で焼きましょう。
どんどん焼きができないときの処分方法は神社にお願いします。自宅のゴミ箱などには捨てません。
寺は仏様をお祭りする場所ですので神様のものは神社にお願いしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-寺社仏閣

error: Content is protected !!