ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

執事たちの沈黙ネタバレあらすじ3巻11話和巳と椿の恋の行方

2017/11/01

スポンサーリンク

執事たちの沈黙3巻11話ネタバレあらすじと感想

バーに蘭(椿の母)を呼び出した和巳。
和巳は椿と二人で温泉旅行に出かけることになったので、そのことを蘭に言うために呼び出したのです。

「だめよ、危険だわ。二人でなんて行かせられない!」
と、蘭が止めてくれると予想して呼び出したのですが、どっこい蘭が言うことには、
「元旦那へのアリバイ工作はしてあげるから、責任持って椿を箱根につれていってあげてね。」
ですって。。。

「は!?」
和巳は仰天。
「だって手を出す勇気なんかないんでしょ?
女遊びハデなくせして、仔猫みたいに臆病だものね。」
蘭はなんでもお見通し。和巳になら安心して椿を任せられるってワケ。

暗い気持ちで椿を待つ和巳・・・いや歳三。
本日晴天なり。箱根旅行には最適のようです。
椿は嬉しそう。
「私家族とあんまり旅行したことなくて。
だから今日、歳三さんとお泊りできるなんて夢見たい。」

この椿の言葉で和巳は幼い椿を思い出すのでした。
旅行の約束をしていても反故にされてしまって泣いている椿を和巳が慰めているシーンでした。
思い出している途中に異臭が・・・・
椿の根性の入ったサンドウィッチでした。
怯えながらも和巳は食べたようです。

箱根に到着したときに腹痛になったのは椿でした。

旅館で口移しに薬を飲ませるシーンがいいですね~

執事たちの沈黙3巻表紙



執事たちの沈黙の今後の予想

大人気の「執事たちの沈黙」
読んでいて気づいたのは椿の年齢。高校生は高校生でも16歳とめちゃくちゃ若い。
と、いうことはすぐに椿と和巳がラブラブになるという可能性はとても低いんですよね。
当分は「安心ラブコメディ」で見られるところも嬉しいです。

安心と言っても和巳の女にだらしがない性格で椿が泣くこともあるかも。
和巳は本来「クズ」として描かれた「女性にだらしな~い執事」ですからね。
だから現在白鳥スワンくんが「椿に恋する少年」として登場するわけですが和巳のことを好きだという女性はいるはず。
これからも和巳と椿に目が離せません!

ネタはしこたまありそうですよね。
だいたいT大なんだからエリートだった彼がなんでこんなことになったのか?とか
大学から現在まで付き合ってきた女性で彼を好きな女性はいなかったのか?とか
いろいろとお話のネタは尽きることがないんですよね。
だからこの「執事たちの沈黙」が大長編になることを期待しています!!

せめて10巻以上にはなって欲しい!
16歳の椿が18になるまでは続けてほしい!!
桜田雛先生!ぜひお願いします!
これだけキャラクターが濃いんだからエピソード満載でお願いします!
パパや蘭(椿の両親)が離婚するきっかけとかも知りたいですよね!

椿を大切に育ててきた和巳。
和巳は椿が悲しい時や辛い時は、ずいぶん椿を支えてきたんでしょうね。
ってことはこのわがままモンスターを育てたのは和巳?
パパの溺愛もありますが、和巳が椿を作っているとも言えると思いますが・・・・

ん~~~椿以外の女性と和巳が行なう可能性は・・・・って椿のことが好きだから今後は無いんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!