ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

善玉菌の力

腸内に善玉菌を!プロバイオティクス食品の効果とは?

プロバイオティクスとは腸内フローラのバランスを整え、腸内環境を改善する生きた微生物のことです。つまり善玉菌を含む食品のことです。

プロバイオティクスを含んだ食品をプロバイオティクスとよぶこともあります。

では、プロバイオティクスにはどのような効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

生きて腸まで届き腸内バランスを整えるプロバイオティクスの定義

プロバイオティクスとは、「生命の益になるもの」の意味です。

好ましいプロバイオティクスとしては、次のように定義されています。

  1. 安全であること
  2. 腸内フローラのバランス改善に役立つこと、腸内フローラの一員であること
  3. 胃液・胆汁に対して耐性を有すること
  4. 生きていること、腸内で増殖できること
  5. 人に対して有用効果があること
  6. 食品などの形態で高い菌数を維持できること
  7. 安価であること、簡単に摂取・飲用できること

菌を殺して人体を守る抗生物質はアンチバイオティクスといわれています。

それに対して、プロバイオティクスは体に良い菌を増やすことで人体を守ろうという考えから名づけられました。

プロバイオティクスである乳酸菌食品を摂るとすごい効果が!

プロバイオティクスには主に次のような乳酸菌が挙げられます。

ラクトバチルス・プランタラム

漬物に含まれる乳酸菌です。

ラクトバチルス・カゼイ

酸に強く、生きて腸まで届きます。便秘を予防したり、改善したりします。ウェルシュ菌などの悪玉菌を減少させる働きもあります。

ラクトバチルス・ガセリ

腸内環境を整えます。

ビフィドバクテリウム・ロンガム

生きて腸まで届き、整腸作用があります。ヒト由来のビフィズス菌で、健康な乳児の腸から発見されました。

ラクトバチルス・ブレビス

ラブレ菌とよばれ、京都の漬物すぐき漬けから発見されました。コレステロールを低下させる働きがあります。発ガン予防にも効果があります。

 

プロバイオティクス食品としては、ヨーグルトのほかぬか漬け納豆味噌などが挙げられます。

39fde2e0e3937910fc1a64f27eef244d_s

 

プロバイオティクスを摂取すると腸内バランスを改善することによって免疫力が高まり、病気にかかりにくくなります。また、人体に侵入してきた病原菌や悪玉菌を活動を抑えたり、血中のコレステロールを体外に排出したりする効果もあります。アレルギーの予防にも大きな効果があることが研究でもわかってきました。

 

まとめ

プロバイオティクスとは、腸内環境に良い菌のことで、7つの定義があります。

プロバイオティクスは、ヨーグルトやぬか漬けなどに含まれており、腸内バランスを整え免疫力を上げてくれます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-善玉菌の力

error: Content is protected !!