ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

サブカルチャー

王子様には毒がある25最新刊ネタバレあらすじ12月号(柚月純)

2017/11/14

颯太王子様の今回のお話もドッキドキです!
なんてったって颯太とりずちゃん、二人で京都旅行!!なんですから!!
二人で京都旅行!!・・・・のはずなんだけど・・・・・

スポンサーリンク

王子様には毒がある25最新刊ネタバレあらすじ12月号

「はやく、はやくーーーっ。置いてっちゃうよーーーーっ♥」
にっこり笑う颯太の笑顔にみんなはうっとり。。。。

みんなというのはりずちゃんだけではありません。バスツアーのおじさんたちも颯太の笑顔にうっとり・・・・

まるでアイドルと一緒にバスツアーってかんじ。

ななみんと真冬のデート♥バスツアーIN京都

とでもいいましょうか・・・

りずちゃんもおじさまたちとアイドル「ななみん」の撮影をして、画像をシェアしてる・・・・・
ななみんこと颯太は
「りずちゃん、ふたりで抜け出してどっか行こ・・・?」
と、りずちゃんを誘います。
「これはりずちゃんとぼくの旅行!!今日一日ぜんっせん二人っきりになれてないじゃんっっ!」
そうだった・・・・これはバスツアーでした。
今日は颯太とのお・と・ま・り・旅行!!
京都へ1泊2日のバスツアーだったんでした!!
京都

お土産屋さんでりずちゃん、ぬいぐるみを見てます。
「これ、かわいー、達海に買ってってあげようかな。ねぇ、颯太どう思う?」
おっと、りずちゃん、『達海』の名前は二人の旅行では禁止ですよ!
 
「全然かわいくない。これっぽっちもかわいくない。」
面白くない颯太の気持ち、わかります。。。

バスツアーは旅館に着きます。
豪華なお部屋です。お風呂もついてます。
「お風呂はいってこようかなー。そうだ!りずちゃんも入る?」
恥じらってこう言う颯太にりずちゃん、即答!!!

「だまらっしゃいっっっ!」

ってことで颯太は一人お風呂に入ることに。
ところがりずちゃん、颯太の入浴シーンが撮影したくてたまりません・・・・・
そっと盗撮・・・・しようとしましたが、颯太に見つかっちゃいます。
露天風呂
きゃーーーーやばい!!
ってところで危機一髪!スマホの呼び出し音が!!
「あ、達海からだ。そういえば達海に言ってなかったもんなーー」

まったまた達海!!颯太はスマホをりずちゃんかた取り上げちゃいます。そりゃそうだよね。。。。
「なんだよ、達海のことばっかりっ。今は達海のことなんてどーでもいいじゃん。」
そりゃそーだ・・・
「達海のことばかり言ってないし。スマホ返して。」

「やだっ。」駄々をこねるように颯太は言います。
「いい加減にしなさい!颯太。」

保護者パワー発揮、のような口調で颯太を諌めるりずちゃん。うううう~~~~颯太、気の毒に。
「頭冷やしてくる。」
と言って部屋を出ていきます。

りずちゃんは部屋の外で颯太を待ちます。
と、そこに男性が現れます。
「キミ・・・カレシのことで悩んでいるね・・・」
「え!?どうして分かるんですか?!」
りずちゃんはびっくり。
「ボク占いを生業としておりよく当たるんだ。無料で視てあげようか?カレシの気持ち知りたくない?」
この言葉につられてりずちゃんは男にノコノコついていきます。
大丈夫かなーーーー?(この男さっき、二人を見てたよ・・・?)

男はバーのカウンターで
「はい、お水。体の水分を上げて視やすくするんだよ。」
とグラスをすすめてきます。りずちゃんはグラスを飲もうとしますが、その時!

グラスを奪い取ると、ぐぐっと飲み干す人物がーーーー
颯太はからのグラスをどんっと置いて
「あれれ~~~っ?おかしいな。水っていったのに。お酒の味がするよ~~~?」

そして不気味ににっこり。
「りずちゃんに何しようとしていたのかな?」

颯太はりずちゃんを先に部屋に戻します。
そして科(しな)をつくります。。。。
りずちゃん狙いだった男も颯太の魅力にはイチコロ・・・・
「ほら、ボクによりかかって・・・」
顔を近づけてきた男に

「海に沈めっぞ、このワカメ頭」

旅館

「りずちゃん、知らない人についていっちゃだめじゃん・・・」
形勢逆転。颯太の前で正座し、怒られモードになってるりずちゃん。。。。
「ごめんなさい・・・・颯太とのこと占ってくれるって言われてつい・・・・颯太とのことで不安になってたから・・・」

「颯太といるとドキドキして・・・・颯太にもっと触れたくなっちゃって」
そんなこと言うりずちゃんが「ますますかわいい!」と思った颯太。
りずちゃんとKISSしちゃいます。

ここからあざとい男・颯太!まさに策士!
「ごめん、りず。怖いんだ。本当のオレを知られるのが。リズに嫌われてしまうのが。」
この誘導、あざとい!りずちゃんはこう答えるしかありません・・・
「あたしは颯太をキライになんかならないよ。どんな颯太だって全部大好きな颯太だもん。」

そして肉食動物のような目でりずちゃんの手の甲にKISSしたかと思うと・・・・

すやすやとお眠りになりました、王子様。

もちろん前日のことなんか颯太くんまるっきり覚えておりません・・・・・
どうやら颯太はお酒に弱いみたい。

今回も笑うしかない二人のバスツアーなのでした・・・・

きわどい!と思いつつもなぜか安心して?読んでしまうのは私だけか??

柚月純先生に乾杯!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サブカルチャー

error: Content is protected !!