ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸とダイエット

お腹の脂肪を減らす!内臓脂肪を落とすために効果的な食事ってあるの?

2017/10/07

内臓脂肪は内臓の中や、周りにつく脂肪。皮下脂肪は皮膚の下についた脂肪。

内臓脂肪と皮下脂肪。落とし方は違います。

皮下脂肪は皮膚の下についた脂肪なので落とすことが大変だといわれています。そのためには有酸素運動を継続的に行い、徐々に減らしていくことが理想です。(有酸素運動とは、ウォーキング、エアロビクスなど長時間行う運動のことです。)

それに対して、内臓脂肪は食事や運動で落とすことができます。では、どのような食事や運動が効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

ダイエットで内臓脂肪を燃焼!高血圧や糖尿病、高脂血症を防ごう!

体脂肪には貯蔵脂肪と血中脂肪があり、そのうちの貯蔵脂肪とよばれる脂肪の一つに内臓脂肪が挙げられます。肺、腸、肝臓などに蓄えられます。見た目にもわかりにくく、体脂肪計でも測ることができない内臓脂肪は、生活習慣病の原因となります。

高脂血症とよばれるドロドロの血液になり、血液中の脂肪が血管をふさぐ血栓症や、脳こうそく心筋梗塞の原因となります。

また、高血圧糖尿病の原因にもなります。

 

腹を燃焼!内臓脂肪を落とす運動は筋トレ腹筋?有酸素運動です!

内臓脂肪を減らす運動は皮下脂肪を減らす運動と同じ有酸素運動です。腹筋や筋トレなどをしなくても、心拍数の上がる運動を長時間することによって内臓脂肪は落ちていきます。

日常できる運動としてはウォーキング水泳がいいでしょう。

ウォーキングをするときは、早歩き程度の速さで30~60分くらい続けるとよいでしょう。

また、水泳は全身運動なので、カロリーの消費量が多いのでおすすめです。水の負荷もかかるため水中ウォーキングもよいでしょう。水圧はマッサージ効果もあり全身の血行もよくします。

腹の周りの皮下脂肪も一緒に撃退しましょう!

 

内臓脂肪を減らす食品!トマトやキャベツ、酢、寒天も!

減らす食品としては、脂肪のもととなる油分や脂肪の多い食品です。

野菜中心に食事をとり低カロリーの食品を中心にしましょう。内臓脂肪を減らすのにおすすめの食品・飲み物を3つ紹介します。

①食物繊維

食物繊維は脂肪を吸着して体外に排出させます。食物繊維を多く含む食品はキャベツ、ごぼう、寒天などがあります。

②L-カルニチン

代謝を高め脂肪を燃焼する効果のある成分です。豚肉に含まれています。

③リコピン

トマトに含まれるリコピンには血糖値を下げ、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあります。

④ゲニポシド酸

ダイエットで有名なお茶杜仲茶に含まれるゲニポシド酸は脂肪を分解したり、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。

⑤短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸

食用油の大半は長鎖脂肪酸です。体内蓄積しやすい脂肪です。

これに対して、中鎖脂肪酸は体脂肪や内臓脂肪を減らします。ココナッツオイルバター牛乳に含まれています。

短鎖脂肪酸は、油脂分の直接摂取よりも腸内で生産する割合が大きいためサプリで摂ることをおすすめします。

まとめ

生活習慣病の原因となる内臓脂肪は運動と食事で減らすことができます。

運動は有酸素運動がおすすめです。

食事は食物繊維や、L-カルニチン、リコピン、ゲニポシド酸、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸を積極的に摂ると内臓脂肪が減少します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸とダイエット

error: Content is protected !!