ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

サブカルチャー

鬼滅の刃最新95話ネタバレあらすじと感想~炭治郎と妓夫太郎

スポンサーリンク

鬼滅の刃最新94話おさらいあらすじと感想

妓夫太郎の刃が炭治郎の顎を貫いたが
ためらうこと無く妓夫太郎の頸を落とす炭治郎!

兄・妓夫太郎と妹・堕姫の頸は同時に斬って落とされた!

朦朧とする炭治郎を最後の攻撃が襲った!!

鬼滅の刃最新95話へDIVE!

満月

鬼滅の刃最新95話ネタバレあらすじと感想

炭治郎は禰豆子(ねずこ)の膝枕で目を覚ます。

そこは静寂な満月の晩だった。

炭治郎は禰豆子の顔を見上げながら我に返った。

「!!」

周囲は地震の後のようにメチャクチャだった。

建物すべてが倒壊。

瓦礫の中から声が聞こえる・・・

「たんじろ~~~・・・」

善逸!

無事なようだ!

大泣きの善逸だが、伊之助を心配している。伊之助の心臓の音が弱くなっているというのだ。

屋根の上で仰向けに倒れている伊之助の心音は弱くなっていった。

なんとかしなければ伊之助は死ぬ!

その時禰豆子が伊之助の胸に手を当てた。そして毒を燃やし尽くした。

伊之助のただれた皮膚が治っていく!

ムクリと起きた伊之助は

「腹減った。なんか食わせろ!!」

やれやれ。禰豆子、お手柄お手柄!

伊之助

近くでは宇髄天元の妻たちが大泣きをしていた。

「死なないでくださぁぁい、天元様ぁ~~~。」

天元は・・・・さいごの・・・遺言を・・・残すべく妻たちに語りかけようとしていた・・・・

「最後に言い残すことがある・・・・俺は・・・」

語りかけた天元の言葉なんて妻達は聞いちゃいない!!

3人の妻達は喧嘩をしていた・・・・

ボロボロで死にかけの天元をほったらかしにして、喧嘩を続ける妻達・・・・

気の毒としか言いようがない・・・・

そこへやって来た禰豆子。

禰豆子が宇髄天元の腕に手を当てると、

あららら・・・・

宇髄天元の体から毒が燃えだした!

遺言を残すはずの天元は助かってしまった!!

「毒が消えた!!」

良かった良かった!!
宇髄天元も無事でした。

妻同様、私も喜んじゃいます!!♥♥

宇髄天元

もうっ!
禰豆子、大活躍!
かわいいし、頼りになるし!

禰豆子のマスコットキーホルダーが出たらお守り代わりに買う!!♥♥♥

 

禰豆子  

炭治郎は禰豆子に背負われて鬼の首を探しに出かけます。

向こうの方では鬼が言い争っていました。

堕姫と妓夫太郎。

お互いをいたわりあってるのかと思いきや・・・・

大喧嘩の真っ最中。

頸だけになっても敗北をお互いのせいにしておりました。

上弦の鬼とはいえ、もはや最後なのです。肉体が崩れていっています。

堕姫は兄の妓夫太郎に対して

「アンタみたいな醜い奴がアタシの兄妹(きょうだい)なわけないわ!!」

と罵ります。

それを聞いた炭治郎はつらい気持ちになります。

96号に続く。

鬼滅の刃最新95話ネタバレの感想~兄と妹


「アンタみたいな醜い奴がアタシの兄妹(きょうだい)なわけないわ!!」

堕姫!最後の言葉は決して言ってはいけない言葉だよ。

炭治郎でなくとも耳を疑う言葉です。

同情しちゃいますよね、妓夫太郎に。

妓夫太郎だって、好きでこんな容姿に生まれたんじゃない。
誰だって望んでこのような姿に生まれてきたわけではないのに、それを口にするなんて!!

堕姫!お兄ちゃんに謝ってください!

堕姫、あなたのことは美人で自慢の妹と思っていたんだよ、妓夫太郎は!!

この言葉を聞く炭治郎のつらい気持ち、とってもわかります!

鬼とは言えふたりとも、仲良く、心穏やかに消えていけるといいな、と思います。

吾峠呼世晴先生に敬礼!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サブカルチャー

error: Content is protected !!