ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

毎日の出来事

カルロス・ゴーンとミスタービーンは兄弟?英国コメディ映画でミッションインポッシブル!

「ミッション・インポッシブルに慣れている」
と言ったカルロス・ゴーン容疑者。

その会見を行ったあとにテレビでイギリス諜報機関の映画「ジョニー・イングリッシュ」を見てひっくり返ってしまった!!

まさか・・・・
カルロス・ゴーンはミスタービーンことローワン・アトキンソンと兄弟?????

スポンサーリンク

カルロス・ゴーンは言った!ミッションはインポッシブルだと!

カルロス・ゴーンいわく

「ミッションはインポッシブルだ。」

ヒーローのような発言ですね。セリフだけならかっこいい。

カルロス・ゴーン

ゴーン容疑者は

「私はミッション・インポッシブル(遂行不可能な任務)と言われるものに慣れている。」

とレバノンへの逃避行について語っています

まるで自分が諜報部員であるかのようなかっこいい発言。

まるでトム!

トム・クルーズのような発言?

ミッション・インポッシブルトム

トム・クルーズ!かっこいいですよね!
ミッション・インポッシブル何度見たことか!
トムにピッタリの役です。

しかしカルロス・ゴーンはトムのような顔ではない!
正義の味方のような演出したってあまりに違いすぎます、顔が。

むしろ・・・・・

カルロス・ゴーンのお顔はローワン・アトキンソンに似ていると言われているのです。



カルロス・ゴーン主演の映画?ジョニー・イングリッシュ??

ローワン・アトキンソンの動画だとミスタービーンが有名です。

コメディ映画としては一流です。

ジョニー・イングリッシュ

このローワン・アトキンソンがイギリス諜報機関のエージェント役を演じているのが


ジョニー・イングリッシュ

もちろんトム・クルーズのようなかっこいい役ではありません。

失敗続きのおマヌケ諜報部員です。
まるでミスタービーン・・・・・

ジョニー・イングリッシュの失敗続きの行動は
ドラマが始まってから終盤まで続きます。

たとえば
ビルを間違えて敵地に潜入したと思ったジョニーは病院の患者や医師に銃口を向けたり

本物の葬儀の最中なのに、犯人たちの茶番劇だと思い込み、悲しみの場に乗り込んでいったり・・・

大恥を書く1シーンローワン・アトキンソン

自分がキマってると思った次の瞬間には大失敗だと気づいて退散というシーンばかりです。。。。

大恥を書くローワン・アトキンソン

ただ映画なのでこんなお間抜けばかりではなく、最後はちゃんと事件を解決するのですが
ひたすらおバカ役なんです。




ミスタービーンと兄弟かと思ったカルロス・ゴーン

ただミスタービーンとあまりにも似ているカルロス・ゴーン容疑者。

カッコつけて

「ミッションはインポッシブルだった。」

なんて映画の諜報部員きどりの発言をしましたよね。ですから私は

はじめにトム・クルーズと重ねてしまい、

次に現実的にはミスタービーンだと感じたんです。

世間もそう感じた人がほとんどだったようなので今回はカルロス・ゴーンにピッタリな映画を紹介します。

ただこのように事件をうまく解決することはないと思いますが。

ちなみにジョニー・イングリッシュはアマゾンで199円で販売されてました。

映画化されるというならぜひ兄弟くらい似ているローワン・アトキンソンさんに主役をやってもらいたいです。

そして

ジョニー・イングリッシュと一緒に映画館で公開してほしいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-毎日の出来事

error: Content is protected !!