ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

午前0時、キスしに来てよ2巻ネタバレあらすじと感想(みきもと凜)

2017/11/14

絶好調「午前0時、キスしに来てよ」の2巻のあらすじを書きます!

スポンサーリンク

午前0時、キスしに来てよ2巻(みきもと凜)ネタバレあらすじと感想

綾瀬楓の家でまったりデート・・・・の予定でしたがそこにはマネージャーがいました。現実は厳しい・・・・

学校帰り、楓のマネージャーは日菜々を待っていました。
名前は茂雄。
茂雄マネージャーは日菜々に言います。
「君、楓に遊ばれてるよ。あいつの演技力に騙されない方がいい・・・」

しかし日菜々は
「それは本当に綾瀬さんですか?」
と聞いた。
茂雄マネージャーは明日の週刊誌の記事を日菜々に見せました。
「綾瀬楓 グラドルお持ち帰り!!』
という記事でした。

揺れる日菜々。
「私は綾瀬さんのことを何も知らない。」

結局その記事はでたらめだったんですが茂雄マネージャーは楓に近づかせないようにするために日菜々に嘘を言ったのでした。

日菜々からの電話をまっていた楓は日菜々の家を訪れます。
「オレ何度も(電話)かけたよね、何で出ない!?ふつーにへこむんだけどっ、ダメ!!無視は絶対!!記事のことならウソだから。」
矢継ぎ早にまくし立てる楓の真剣さに日菜々もびっくりです。

「オレは君と付き合いたいんだよっ。・・・・・・・・・・クソ、ダセーな。」
日菜々は楓を信じることにしました。
普通の恋愛のように今日から楓と恋をしようと思ったのでした。

砂にハート

恋人同士となった楓と日菜々。
夢がかなった日菜々。
どうしても顔がにやけちゃう・・・・

そんな日菜々を幼い時からずっと見てきた彰(あきら)は日菜々の変化を感じています。

日菜々は楓からの連絡を楽しみに待っていますが、相手は芸能人、なかなか会うことができません。たまにメールをくれるくらい・・・・
今どうしているんだろう?
そんな時、楓からのメールが来ます!
「明日夕方からオフになった。ちょうど夜に七夕まつりがあるみたいなんだけどいかない?」

おおおお!お忍びデートじゃなくてちゃんと日菜々が喜ぶようなデートです。

体調が思わしくない楓を見て茂雄マネージャーは
「女と会うよりも休息を取れ。」
と、言いますが。
とっても楽しみで浴衣に着替えてお祭りに出かける日菜々。
そこでお面をかぶった楓が登場。

しかし楓の反応はイマイチ・・・のように日菜々には映っていました・・・

浴衣姿を見ても楓の反応がイマイチ。
「私は一緒に入られたらなんでもうれしいです。」と日菜々が喜ぶ反応を見ても楓はスルー。
楓のかき氷を食べることを「間接キスなので・・・」と真っ赤になって恥じらう日菜々を見ても「トイレに行ってくる。」

自分だけが盛り上がってるようで落ち込む日菜々でした。
でも本当は違ってたんです!

日菜々の反応がいちいちかわいくて気持ちを抑えていたんだって!!

「キスしたい。」

楓の言葉に真っ赤になって反応する日菜々ちゃんを抱きとめて楓は言います。
「もっと距離を縮めていきたいんだ。少しでも会える時間があれば迎えに行くよ。」

夏祭りの水風船

熱で日菜々は学校を休みました。
幼馴染の彰はお見舞いに来ました。彰は日菜々のことが好きです。しかし日菜々は彰の思いに気づきません。
そこへ楓から日菜々へ電話。会話中に彰の声が入ってしまいます・・・・・
胸中穏やかでない楓。そりゃそうですよね。

彰は今の電話がもしかして『綾瀬楓』ではないか?と直感します。先日の七夕まつりのとき、彰は偶然にも楓と日菜々が会っている場面を見てしまったのでした。
彰は日菜々のいろいろなことを知っているようです。

「おまえ、おばさんにもっとちゃんと甘えろよ。」
という彰に日菜々はこう答えます。
「大丈夫。本当の家族みたいにうまくやってるよ。」

寝すぎて0時ころ起きた日菜々に素敵なメールがありました。王子様からです。
「起きてる?仕事帰りなんだけど君んちの前寄ってみた。」

大急ぎで下に降りていく日菜々。
楓は「本当は日菜々は高校生だから昼間じゃないと、と思ったけれどどうも気になってそのルールを破った。」
と言います。

「別の男がそばにいるのはやっぱヤだなと思って。」
日菜々を抱き寄せてほっぺにキスします。

それを見ていたのは彰でした。彰は楓に言います。
「遊んでんなら・・・・幸せにできないならやめてもらえませんか?」

しかし楓は「遊んでいない。」と否定。
「まだ何も知らないけど直感でいいなと思ったからつき合ってる。悪いけど勝負に出ないヤツにとやかく言われたくないな。」

そういう楓に彰は
「オレは勝負なんて最初から出てんだよ。長期戦なんだ。いずれ奪いますから。」
と言い、楓の車を離れていった。

どっちもイケメン。
スーパーヒーローと身近な幼馴染。
これから先どうなるのでしょうか。

日菜々の抱える悩みとかはきっと彰がよく知っているでしょう。
日菜々の良さも彰のほうがよく知っているでしょう。

でもそれが恋に有利なカードではありません。

夜の団地

恋を知った乙女は・・・・・成績が下がりました・・・・
楓からのデートの誘いを断ることができず、日菜々は楓の家で勉強をすることに。

カリカリ勉強をする日菜々に「遊んで」ちょっかいをかける楓。
しかし日菜々は「いい大学に行くために勉強しなくてはならない。」といいます。自分を「戒めないと」というのです。

日菜々が勉強中に楓は昼寝モードに入ります。
が、しかしその美しい肢体に日菜々はうっとり。楓の鎖骨を見てはドキドキ。
胸の筋肉が割れていることを確認までしちゃいます・・・
日菜々は楓に夢中なのでした。

そして日菜々は楓に自分の秘密を話します。さらり、と。
「いい大学に行くために勉強する理由は両親を安心させたいからなんです。私もらわれっ子なので。」
楓には知っておいてほしかったのです。

そんな時玄関のベルが。
ドアの向こうにいるのはFanny bone の充希でした。
一体何の用事なのでしょう?
Fanny boneを脱退した楓とFanny boneのメンバーとの仲はなんだか悪いようです。。。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!