ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

午前0時、キスしに来てよ1巻ネタバレあらすじと感想(みきもと凜)

2017/11/14

午前0時、キスしに来てよ1巻(みきもと凜)ネタバレあらすじです!とっても素敵なシンデレラストーリー!!

スポンサーリンク







スポンサーリンク

午前0時、キスしに来てよ1巻(みきもと凜)ネタバレあらすじ

彼は私とはまるで住む世界のちがう人
彼はテレビの向こう側に住む人

主人公花澤日菜々の生活はとても規則正しい。

5:00ピッタリ起床。
5:10は植物への水やり
勉強を終えると
6:30にはラジオ体操
朝食の準備

そして
7:20には登校。

これが主人公・花澤日菜々の毎日です。

日菜々には大切な友達がいます。
彰(あきら)。彰は私の幼馴染。
そして
光ちゃん。光ちゃんは中学からの親友です。

今日も元気に徒歩通学。と、街中のデカイ広告にはイケメンが!

綾瀬楓(あやせ かえで)さん
主演映画が情報解禁です♪

「アイドルユニットFunny bone(ファニーボーン)を卒業してからも快進撃の続く綾瀬さん、甘いマスクに加え高い演技力を持ち、各方面にひっぱりだこですね♪ 」

実は主人公・花澤日菜々には人には言えない秘密がありました!

実は花澤日菜々はイケメン好き!
でもそんなことは周囲のクラスメイトには知られていません!

花澤日菜々はいつだって優等生!
成績優秀
生徒会役員

ピッカピッカの女子高生!Jkの鏡!

そんな花澤日菜々の夢は「イケメンとお付き合いすること!!」
誰もがうらやむ美男子が王子様のように現れて私に一目惚れをして結婚!!
密かにそんな願いを持つ花澤日菜々の高校に、朝見たイケメン綾瀬楓が映画撮影のために来る事になりました。

教室は大騒ぎ。
そして花澤日菜々の胸中もざわざわざわわ!!

あの!綾瀬さんが!!
生徒会はエキストラを頼まれたので花澤日菜々も出ることに!!
もちろん「わ~い♪」なんて言いません。
クールに
「頼まれた仕事は断りません。」

いやったぁぁぁぁ!

なんて大声で喜んだりなんてしませんよ、人前ではね。

綾瀬楓!!もちろん花澤日菜々はチェック済!
「恋人にしたい芸能人」にいつも選ばれてて、世界の美しい顔では日本人初のベスト8入り!
本物のイケメン!間違いなくイケメン!

綾瀬楓を間近で見た花澤日菜々は
「リアル王子様だ!!」
と感動してしまいました!

そんな花澤日菜々は綾瀬楓の以外な一面を知ってしまうのです。

缶を捨てるために中庭を歩いていると、2階からテニスコートの女子を食い入るように見ているイケメンが!!
おお!綾瀬楓!

「JKのケツはムチムチでたまんねーな。パンツが見えればなお良し。」

「ん?」
うん、これはきっと聞き間違いに違いない。
くるりと向きを変え缶を抱えたまま帰ろうとした花澤日菜々はつまずいて転んでしまった。
スカートがめくれて花柄のパンツが!!

うわ!
慌ててお尻をかくした日菜々が見たものは

いいね。サインを右手で出す綾瀬楓・

聞き間違いじゃないーーーーーーーーー
うそだーーーーーーーー

綾瀬楓がお尻に愛着を持つお尻星人??
うそでしょ、だってあんなにかっこいいのに!?

図書館に戻るとすでに綾瀬楓もそこに到着していました。
そして映画関係者と話をしていました。

「人気のないところでセリフの練習してたんです。」

なぁんだ、よっか。よかった。
だって王子様だもんね。
私ったら馬鹿だな、本気であんなこと言ってたのかと思ったった。

綾瀬楓

優等生の花澤日菜々。
イケメンとおつきあいするという夢を持ちながら日曜日の今日も図書館でお勉強。

ではなくて恋愛映画を鑑賞。
自分が体験した気分になれるから。

映画の前にちょっとだけゲーセン。
すず(妹)が欲しがってたぬいぐるみがある。とってやろうかしら。

両替機の前で出くわしたマスク姿の男性は・・・・綾瀬楓。
クレーンゲームで何かを取っている。
「なにをとったんですか?」

近づいてみるとHIPに関する商品ばかり。

こんなはずでは・・・・
日菜々の中から崩れていく綾瀬楓にたいするイメージ
これが綾瀬さん??
信じられない・・・・

見事なHIPのフィギュアを手にして綾瀬楓は日菜々に言います。
「キミも触ってみる?」

日菜々の綾瀬楓に対しての今のイメージは「イケメン」から完全に「変な人」に変わっていました。
あははは・・・・
日菜々も思わずいつもの笑顔がこぼれてしまう・・・・
「触りませんよっ。」

その時向こうの方で声が。
「ねぇ、あれ楓じゃない?」

まずい!日菜々がそう感じた瞬間、日菜々は楓に手をつかまれ、一緒に外へ!なんで、私も??

「キミだけ残しても面倒だから。」
そうだよね、きっとあれこれ聞かれる。私を助けてくれたんだ。
それとおしりのフギュアのこと。

「おしりのこと秘密なんですね。私がバラしたら困るから。」

それに対して綾瀬楓はきっぱりと言い放ちます。
「いや、キミは言わないよ。」

なんで私の事そう思うの?

映画の時刻になったので映画館に入った日菜々。貸し切りのようで人がいない。時代遅れの恋愛映画『ローマの休日』だもんね。
とそこに綾瀬楓が入ってきた。
「君。恋愛映画が好きなの?」
と、日菜々の隣に座ります。

身分違いの王女と記者の軽い恋愛のお話。
見入ってしまい涙ぐむ日菜々と同様楓も映画を真剣に見ていました。

真剣に映画を見る楓の姿を見た日菜々は「私もこんな映画のようなおとぎ話のような恋をしてみたい。」
と楓に話します。
「私恋をしたことがなくてっ、実は憧れているんです。かっ、かっこいい男の人とおとぎ話みたいな恋をしてみたいんです。」
楓は「それは難しいな。」と言いますが、日菜々は
「わかっています。でも真剣な人にウソをつくのはよくないと思いまして。」
と答えます。

真剣な人。自分のことをそう言ってくれる人はそういない。



そんな日菜々に楓は靴をぬぐように言います。実は一緒に走った時に日菜々の靴の踵が剥がれてしまったことを楓は気づいていたのです。
彼は自分の靴を履いて帰るように日菜々に渡したのでした。
そして
「やっぱ君ならちゃんと恋愛できると思う。」
と言うと去っていきました。

ところが翌日学校で靴を返そうとした日菜々でしたが楓のファンに靴を盗まれてしまいます。しかも靴の画像がネットにアップされていました。
マネージャーは日菜々に厳しく
「楓は生身の人間なんだよ。顔だけじゃなく心もある。君にとってはテレビに出ているイケメンの男なんだろうけど、靴を貸してくれた楓の優しさを踏みにじるようなことをしてるんだ。」
と言います。弁明することもできずにいる日菜々。

「誤解されたまま会えなくなるの?」
イケメンに憧れてきた日菜々には半分図星でした。日菜々がしたことではないけれど日菜々は確かに楓の容姿が好きだったのですから。
でも、でも
顔がいいから?
有名人だから?
だから楽しかったの??

楓の素顔に触れたんだという気持ちがある日菜々は
「私はちがう。」
と思い奪われた靴を取り返します。みんなの知らない楓を私は知っているし、そこが好きなんだと思った日菜々でした。

でももう出会うすべもないので「あれは夢だったんだ」と思うことにしています。

学校でもいつも通り頑張る日菜々。
数学の授業中に隣のクラスが騒がしい。

教室の戸を開けて入ってきたのは綾瀬楓。

こ・・・・これの登場の仕方はいかんでしょ!?王子様!!

楓はしゃがむと日菜々の足に靴を履かせたのです。
かかとの壊れた靴は修理されていました。
「あれ?今ちょっとおとぎ話みたいかも?」

ニコリと笑う楓の奥には映画館での日菜々の言葉に対しての返事が込められていました。
わざわざ高校の教室にこんなハデな登場をしたのには理由があったのです。
彼も日菜々にアクションを起こしたのです。

日菜々は立ち上がり楓をおいかけます。
「靴、取り返しました!あの画像私じゃありませんっ。」

そういう日菜々に楓は
「知ってるよ。」
と答えます。君は言わない。君は人に言ったりしない。
そういうと楓は日菜々の手の甲に携帯のアドレスを書いて帰っていったのです。

花澤日菜々

綾瀬楓の電話番号を教えてもらった・・・・・ってことは電話をかけてきて・・・っていう意味なんだよね??
いやいや、相手はスーパースター。リップサービスかも?
悩める乙女は電話をかけてみることにします。

しかしかけた電話は留守電。
「私のこと、覚えていますか?」

靴事件から一月。
日菜々は楓のテレビ撮影の観覧をすることになりました。光ちゃんが応募しておいたのが当たったのです。
しかし楓のトークを聞きながらいちいち自分のことと置き換えて聞いてしまう日菜々。
悪い方に考えてしまい観覧に来たことすら後悔してしまいます。

そんな日菜々の手を握って楓は自分の控室に日菜々を連れて行きます。
そこで誤解が判明。
「オレ、電話待ってたんだけど。虫かと思えば今日いるし。」
楓は撮影中も電話をチェックして日菜々を待っていたのです。
しかし楓が教えていた電話番号は仕事用だったのでした。初めての人にはこちらを教える癖があるんだとか・・・・

それを聞いた日菜々は涙がこみ上げてきました。
「一人で舞い上がったり、落ち込んだり、私ばっかり真剣で・・・・でも綾瀬さんにとっては気まぐれなんでしょう?」

大きな目で日菜々を見つめる楓。
自分が日菜々をもっと知りたいとか、もっと近づきたいとか、そんなことを思っているなんて彼女は知らなくて、ずっと傷ついてたんだ・・・・

「それでも私は名前を知ってほしかったんです。」
控室を後にエレベーターに乗り込んだ日菜々の後をおってきた楓。

彼は日菜々の頬をつかむと
「していいのに、期待。」
とマスク越しにキスしたのです。
「ちゃんとあの日のこと覚えてるよ。オレはずっと君の名前知りたいと思ってましたけど。」

土曜日12時。日菜々は楓と初めてのデート。
楓にとってご飯も残さず、魚だってきれいに食べる日菜々は新鮮でした。

これからの二人の恋の行方はどうなるのでしょうか??

午前0時、キスしに来てよ1巻(みきもと凜)感想

うまく練られて女の子の心を鷲掴みって感じのお話!!
めっちゃいいですよね~~~

まず絵がいい!!
そして絵がいい!!

こんな出会いがあるの??
ただただ感動です。

みきもと凜先生に敬礼!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!