ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

午前0時、キスしに来てよ3巻最新刊ネタバレあらすじ(みきもと凜)感想も

2017/12/23

「よう、楓。」
楓のマンションのドアをノックしたのはFanny bone (ファニーボーン)の充希でした。
ここで楓はきっぱりと言います。
「彼女来てる。だから今日は中に入れられない。」

充希は意外!!という顔をします。
「彼女?あれ以来、女と遊ぶことすらやめたおまえが?」
意味ありげな言葉。
「今日は帰る。」
と玄関を出ますが、振り向いて楓に
「ああ、それから彼女にいつか会えると良いねって伝えといて。」
という意味深な言葉を残して充希は帰っていきます。

楓は客が充希だったことを日菜々に言うと
「そっか、今も(Fanny boneと)仲良くしているんだ。」
と嬉しく思います。

入道雲

明日は終業式。
「日菜々。」
彰が日菜々の予定を聞きます。実は彰の母親がぎっくり腰になってしまったために日菜々に花屋のHELPをお願いしたかったのでした。
「本当ゴメンな。急に。」
と話しているとお客さんが
「二人若い夫婦みたいね。」
と言いました。あーちゃん(彰)顔が真っ赤。慌てております。。。
花屋の看板イケメンといいましょうか?彰は人気がありました。
「そーね、私(日菜々)も彰くんのファンだもの。」

あーちゃん、いつもいつも日菜々に告白をすることができないでいます・・・・
「だったら、日菜々がオレと結婚すればいーじゃん。」
真顔で見つめる彰くん。

電話がなります。
電話がならなかったらどうなっていたでしょう?

配達の以来でした。
花の配達先はスタジオ。ドラマの撮影のための花でした。
手違いでスタジオに入った日菜々は楓を発見・・・・

日菜々は楓の撮影シーンを見つめます。

彼女が楓に抱きつく
彼女を抱きしめる楓
彼女を愛おしそうに抱きかかえて涙ぐむ楓
楓のキス

日菜々は楓の撮影をどのような思いで見ていたのでしょうか?
楓と目が合うと日菜々はさっとスタジオを後にします。

撮影スタジオ

「はい、ストップ。」

先回りをした楓が日菜々を止めます。
「人来るからこっちで話そう。」
非常口に行くと楓はキスシーンをわびます。
「やなとこ、見せたかも。」

しかし日菜々の反応は意外でした。

すっごく、すっごく素敵でした。」
日菜々は確かに興奮していましたがそれは、彼女が楓を俳優として見ていたからでした。
「スイッチ入った綾瀬さん本当にすごいんですね。鳥肌立ちそうなくらいドキドキしました。」

日菜々は
「私の初めては綾瀬さんとじゃないとやだな。」
と言います。このかわいさに楓は日菜々の鼻の頭をかじります。キスの予約ですって!!

で二人は非常口から出ます。
しかしマズイことに日菜々は充希に見られてしまいます。
「見つけた、楓の女。」

スタジオ機材

さぁ、夏休みです!
日菜々と話す機会はあるのに、あーちゃん(彰)は、いまだに真剣告白ができてません・・・・

夏休みだというのに楓と会えない日菜々は寂しさを感じます。
そこへメールが!

仕事終わったからウチに会いに来てほしい。

アドレスは知らない。間違いメールなの?
でも綾瀬さんかも?
ドキドキしながら楓のマンションへ行く日菜々。

そこへ偶然楓が来ます。
次の現場に行く前にシャワーを浴びに戻ったんだって。
日菜々をマンションに上げ、シャワーを浴びる楓。日菜々ちゃん、楓の髪の毛を乾かします。
「恋人っぽいっ。」
うはうは

髪を乾かしながら楓は日菜々の夏休みの予定を聞きます。
そのときに日菜々は花澤家のことを少し言います。

「すずは花澤家の太陽なので、笑っててもらえば私もうれしいです。」

その言葉を聞いた楓は自分に秘密があることを日菜々に漏らします。
「君はすごいね。自分よりも人のことを考えている。オレはいつか君に嫌われるかもしれない。」
しかし楓もまた冗談でこの言葉を流してしまいました・・・・

楓のマンションを出た日菜々を待ち伏せていたのは充希でした。メールを送ったのも充希。
充希は楓の控室に入り楓のスマホから日菜々のアドレスを見つけていたのです。(充希くん・・・犯罪だよ?)

マンションエントランス

日菜々は充希の楽屋にいます。
充希は日菜々と話す中で、楓が日菜々をとても大事にしていることを確信します。
そして楓に嫌がらせをしようと企みます。

Fanny boneの仲間のあやみが充希の楽屋に入ってきます。
日菜々をあやみに見せるためでした。
充希はあやみにこれから日菜々にキスをするというのです。
「ばかか、くだらない。」
あやみは賛成しませんが、充希は決行するらしい。

日菜々のところに戻った充希は日菜々に迫ります。あわや・・・・

ピンチに飛んできたのは王子様でした!楓です!

なんで?どして?
泡を食っている充希の胸ぐらをつかんだ楓は・・・・

ぶちゅ~~~

充希とキスします。楓に充希のことを教えてくれたのは「あやみ」でした。
ここで日菜々は一体楓さんとFanny boneの間にはどんな亀裂があるんだろう・・・・と楓の過去を気にします。

でもいちばん大切なことは・・・・今。
「でもみなさんのこと大切なんですよね?」
マンションに飾ってあったFanny boneのメンバーとの写真を思い出しながら日菜々は楓に聞きます。
「うん、好き。」
「はい、じゃあ私はそれだけわかってればいいです。」
日菜々は何があろうと私は綾瀬さんが好き!と言いたかったんです。
それを聞いて楓は思わず日菜々を抱きしめました。
「来週休みもらえるからデートしよう。」

それを遠くで見ているあやみ・・・・

花束

充希の作戦大失敗!!
次なる嫌がらせを考えないと!!ってことで元カノ内田柊(うちだ しゅう)登場!

みきもと凜先生に敬礼!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!