ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

サブカルチャー

ガーデンイグルーがほしい!ドーム物置?igloo

2017/10/07

ドイツで生まれたガーデンイグルー。(igloo)

サイズは直径3.6m。高さ2.2m。ドームカバーは夏用と冬用の2種類用意されています。

キャンプで使うというよりは、ガーデン(庭)にちょっとした遊び場ができるようなもの。

秘密基地のようでめっちゃ楽しそう!ってどこに置くのだ??

組み立ては2人で1時間ほどで簡単にできちゃうそうです。

ガーデンイグルー

入り口はロングファスナーです。

ガーデンイグルーの口コミを紹介しようと思いましたが、Amazonでも楽天でもレビューも口コミも探すことができませんでした。

ガーデンイグルーよりも「秘密基地」になりそうな小屋が良いようです。

ユニットハウス

退職したら庭の隅や家の横に小屋を立てる男性が増えているんだとか。
昔なら「一戸建て」が夢で主人は家の中心に座るというイメージなんですが、最近は違うようです。

幼少期の「秘密基地」のような小屋を立て、家から電気を引いてそこで趣味に没頭する人がいるようですよ。

退職後は自分で数ヶ月かけて小屋を立ててしまう人もいるようです。
そんな需要から、小屋も以前に比べて手軽に購入できるようになったそうです。

ちょっと紹介しますね。
大きな引き戸が開放感を演出しています。作業がしやすそうです。

戸の大きな小屋

無印良品が300万円の小屋を販売しました。
300万円の無印の小屋

この方はバイクの小屋を作られたようです。中に入って趣味の没頭できそうです!
建物の間にあるバイク小屋

工期が短く、安価なコンテナハウスも有名ですよね!夏は熱く、冬は寒いそうなので、屋根に草などを植えて緑化している人がいるようです。
ただし、屋根に勾配がないために雨水がたまり、雨漏りになることも。
100年位はもつらしいですよ。
コンテナハウス

小屋は夢があっていいですよね。

小さな自分だけの空間は母親の胎内と似ているところがあって、癒される氣がします。

誰も入ることができない空間。(実際はそうではないけれど、これだけ小さいんだから誰かが主人に見つからずに侵入することはできませんよね!)とっても憧れます。

ブームなのはわかります。

現代社会で結構疲れている人ならこのような空間は自分を立て直すためにとっても大切だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サブカルチャー

error: Content is protected !!