ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

食物繊維

難消化性デキストリンは痩せる?痩せない?危険?安全?

2017/10/07

スポンサーリンク

トクホの難消化性デキストリンって食物繊維?デンプン?

ドラッグストアで!Amazonで!人気の難消化性デキストリンって?

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシから作られた物質です。

特定保健用食品(トクホ)として厚生労働省から認可されています。

難消化性デキストリンって何でしょうか?

「消化しにくいデキストリン」という意味ですが、いったいどういうものでしょうか?

作り方はトウモロコシのデンプンを焙焼しアミラーゼで加水分解します。

その中の難消化性成分を取り出したものが難消化性デキストリンなのです。

現代人の食物繊維不足を補う目的で作られました。

低粘性、低甘味。ミネラルの吸収を阻害しないためにいろいろな食品に使われています。

耐熱性や耐酸性にも過ぎれています。

 

今や特別保険食品(トクホ)などのダイエット飲料の3本に1本が難消化性デキストリンを含んでいます!

難消化性デキストリンは痩せない?痩せる?効果は?

難消化性デキストリンは糖や脂肪の吸収を抑える効果があります。

食物繊維ですから腸内環境にもいいので痩せる効果が期待できます。

痩せないという人はどれくらいの量を摂取しているのでしょうか?たとえば市販のトクホのダイエット飲料を見てみましょう。

  • からだすこやか茶W (コカ・コーラ) 5.25g
  • 十六茶W 500ml (アサヒ)  10g
  • メッツコーラ 500ml(キリン)  5g
  • ペプシコーラ 500ml       5g
  • カロリミット はとむぎブレンド 500ml  5g

難消化性デキストリンの効果が期待できる摂取量は一食10g。この量を摂取しても副作用があったという報告はありません。

しかし上記のようなトクホの飲料の含有量は少なめです。飲んで痩せないという報告は上記の5gを一日で飲んでいるからだと思われます。

ダイエットで大人気の「なかったことに!カロリミット」ですら5gしか入っていません。

そして、継続的にこれらの飲料を試してみたいと思う方にひとこと。おすすめしません。

なぜなら

ドラッグストアでもコンビニでもこれらトクホの飲料はとても高いです。ペットボトルの入っているお茶に難消化性デキストリンを自分でませたほうが1%ほどの出費で抑えられます。

飲み方は市販の売られている飲料と全く同じ食前に飲んでください。薬局とかではなくて、Amazonや楽天で購入することをおすすめします。自分で量も調節できますよ。

1㎏で1000円ほどで売っていますからね。。。

難消化性デキストリンは便秘になる?消化できず下痢に?

難消化性デキストリンは食物繊維のため腸内環境に良い影響を及ぼします。そのため腸の運動が活発になり、胃腸の弱い人が過度に摂取した場合、不溶性食物繊維を摂取したときと同様に下痢になるときがあると考えられます。

個人差があり自分に合った量でないときは下痢になるかもしれません。

便秘になるという実験報告は見つけられませんでした。

難消化性デキストリンの効果!なかったことにダイエット!

難消化性デキストリンには5つの効果が認められています。

整腸作用

難消化性デキストリンは食物繊維です。そのため、水分を吸収して便を柔らかくする作用があります。

また、腸内細菌の改善にも効果があります。

難消化性デキストリンを継続的に摂取するという実験では排便回数と便量が増加したという結果があります。もちろん便の状態も良好で快便であるという報告でした。

(出典:難消化性デキストリンのヒト便通に及ぼす影響。栄養学雑誌 Vol.51 No.1 P31-37 1993)

脂肪の吸収を抑える

難消化性デキストリンは、食事に含まれる脂質の吸収を遅らせ、食後の中性脂肪の上昇を緩やかにしてくれます。

糖の吸収を抑える(血糖値の上昇を抑え糖尿病予防に)

糖質を体内でブドウ糖に分解するとき、小腸で吸収されて肝臓へ送られます。

この小腸で糖が吸収されるとき、難消化性デキストリンの働きで糖の吸収速度がゆるやかになることがわかっています。

ブドウ糖や果糖などの単糖類には影響がありません。麦芽糖の分解を抑制することがわかっており、食後の血糖値を抑えることができ糖尿病予防に役立ちます。

内臓脂肪を減らす

難消化性デキストリンを含むお茶をBMI23以上の成人男性36名に摂取させた試験では、内臓脂肪、中性脂肪のはっきりとした低下が確認されたそうです。

ミネラルの吸収を促進する

動物実験では難消化性デキストリンは、カルシウム、マグネシウム、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)の吸収を促進することが確認されています。

また、血清鉄が低値である女子大生に難消化性デキストリン15gを4週間摂取させたところ、血清鉄の値が上昇し改善が見られたそうです。

難消化性デキストリンの副作用は?危険性あり?安全?

アメリカのFDAは一日の摂取量の上限がないほど安全性を認めています。

厚生省の特定保健用食品として認められており、安全性が確認されています。

実験によると一日三回毎食前に10gを4か月以上の間摂取した結果、血圧などの生理学的検査値にはなんの変化もありませんでした。

さらに試験期間中、下痢などの胃腸症状もなかったということです。

つまり、難消化性デキストリンには何の副作用もなく、危険性もない安全な食品であるということが認められています。

まとめ

難消化性デキストリンとはトウモロコシから作られた食物繊維のこと。
この食品が特別保険食品(とくほ)になっている理由は次のような効果が認められるからである。
・整腸作用
・糖や脂肪の吸収を抑える
・内臓脂肪を減らす
・ミネラルの吸収を促進する
難消化性デキストリンは安全性の高い食品でダイエット飲料に多く使われている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-食物繊維

error: Content is protected !!