ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸と食べ物

ダイエットにココナッツオイル?中鎖脂肪酸の効果と効能

2017/10/07

女優のミランダ・カーは

「ココナッツオイルなしでは生きていけない。」

というほどのココナッツオイル好き。

日本でも石原さとみや山田優、道端アンジェリカなども使っているというココナッツオイル。いったいどのような効果や効能があるのでしょうか??

スポンサーリンク

ココナッツオイルとバージンココナッツオイル。違いは?

ココナッツオイルとバージンココナッツオイル。品質が全く違います。

ココナッツオイルは漂白、精製、そして臭気を取り除くという工程で作られており、RBDココナッツオイルなどとよばれます。PBDココナッツオイルは乾燥したココナッツから抽出しますが、製造過程で大きく品質が低下してしまいます。

バージンココナッツオイルは収穫されたばかりの生のココナッツを精製します。無精製、無添加、非加熱抽出で精製されたバージンココナッツオイルにはココナッツが持つ本来の栄養がたっぷりと入っています。

さらにグレードが高くなるとエキストラバージンココナッツオイルとよばれる高級品があります。香りが良いといわれていますが、このエキストラバージンココナッツオイルとバージンココナッツオイルの違いは厳密には区分けされておらず、どちらでも同様の効果が得られるものとして考えてよいでしょう。

瓶に入った半透明なココナッツオイルとココナッツの実の写真

これからお話しするココナッツオイルはエキストラバージンココナッツオイルのことですが、以下略してココナッツオイルと表記します。

ココナッツオイルにダイエット効果?中鎖脂肪酸パワー

ココナッツオイルとはココナッツの種子の胚乳から抽出されるヤシ油のことです。

ココナッツオイルは「オイル」なのですがダイエット効果があるといわれています。

ココナッツオイルはエネルギーの代謝を活発にする中鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸はケトン体の生成を促進する効果があります。ケトン体とは肝臓で脂肪が分解されるときにできるエネルギー成分。ケトン体が増えると体の中の脂肪が燃えやすくなり、ダイエット効果があるといわれています。ブドウ糖をエネルギーとして使うよりもケトン体をエネルギー源として使うほうが体内の脂肪が消費されやすくなるんですね!

ケトン体をエネルギー源として使うダイエット方法もあります。その名も「ケトン体ダイエット」ブドウ糖になる炭水化物を食べずにおかずだけを食べるダイエット方法。ブドウ糖を食べないという点では糖質制限ダイエットと似ています。ただし野菜や果物、ナッツ類の糖質は制限しません。

中鎖脂肪酸のエネルギーの分解スピードは長鎖脂肪酸の約4倍!食べても太りにくいのは普通の食用油の4倍もの速さで分解されてエネルギーになるんですね。太りにくいはずです。

1

長鎖脂肪酸は脂肪酸のなかで炭素数が多く、脂肪として体内に蓄積されやすい油です。コーン油、大豆油をはじめ、リノール酸、オレイン酸、オリーブオイルなど殆どの食用油が長鎖脂肪酸なのです。これを中鎖脂肪酸であるココナッツオイルに代替すれば、ダイエット効果が得られるのです。

ココナッツオイルには食物繊維が含まれています。腸内細菌の中の善玉菌がエサとして食物繊維を食べ、腸内環境を改善します。腸が元気になると便秘も解消され、私たちの体も健康になります。

ココナッツオイルのご飯はカロリーが半分

炊飯器にココナッツオイルを入れて炊くだけ!

炊き上がったご飯をタッパーに入れて冷蔵庫で12時間冷やすだけでお米のカロリーが半分になります。お米1合に対して4.5gのココナッツオイルを入れてください。

ほのかに甘いココナッツの香りはしますが気になりません。においが苦になるひとはカレーをかけて食べると気になりませんよ。

ココナッツオイルを入れたご飯は消化性デンプンから難消化性デンプンに変わります。つまり小腸で分解されにくくなり、大腸で善玉菌のエサとなりますからダイエットだけでなく、腸にとっても健康的な食べ物になったといえるでしょう。

この発表はアメリカでスリランカの人が学会でしました。

ダイエットだけ?ココナッツオイルは髪や肌にも効果が!

ココナッツオイルには殺菌作用や新陳代謝を高めるミネラルやビタミンが豊富に含まれているので美肌効果もあります。また抗酸化作用もあるためアンチエイジング効果も期待できます。

ココナッツオイルに含まれているラウリン酸は抗炎症作用がありますから肌荒れなどの炎症を抑えてくれます。

食べるだけでなく全身に塗ることもでき保湿効果もあります。化粧品に混ぜて使ったり、クリーム代わりとして使ったりもできます。日焼け止め効果もSPF値が4~10ほどあるそうですよ。お肌に優しい美容オイルなんですね!べたつきがなくさらりとした使い心地なので試す価値はありますよ!

髪の毛にココナッツオイルをつけてからシャンプーをすると毛穴に詰まった皮脂や頭皮の汚れをココナッツオイルが落としてくれます。ほんの少量を髪の毛につけるとサラサラヘアになります。

ココナッツオイルは食べるだけでなく肌や髪の毛にもよい効果が期待できます!

ココナッツの実(1個と半分に割れた)の写真

とても美容効果の高いココナッツオイルですが、中鎖脂肪酸の割合は約6割。4割ほどは長鎖脂肪酸ですからダイエットをする人はそのことを忘れないようにしましょう。中鎖脂肪酸が100%の油もあります。それがMCTオイルですが、その紹介はこちらから。

まとめ

バージンココナッツオイルは中鎖脂肪酸なので、ダイエット効果がある。。
ココナッツオイルはケトン体の生成を促進して体内の脂肪を燃焼しやすくするからである。
長鎖脂肪酸である食用油とくらべて4倍の速さでエネルギーに変わる。
またココナッツオイルを入れて炊飯するとカロリーが約半分になる。
ココナッツオイルはダイエット効果があるだけでなく美肌効果や美髪効果もある。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が6割といわれている。100%の中鎖脂肪酸の紹介はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸と食べ物

error: Content is protected !!