ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸と食べ物

クエン酸の効果的な摂取の方法は?TCAサイクルって?

2019/01/19

疲労回復やキレート効果などがあるクエン酸。

今回は効果的なクエン酸の摂取の方法を紹介します。

クエン酸には腸内環境を整える、病気予防の健康効果から「医者いらず」などといわれているすぐれものの成分です。

スポンサーリンク

数回に分けて摂取。クエン酸を飲むタイミングは2時間おき

クエン酸は体内に常時必要なために、1日に何度かに分けてこまめな摂取をおすすめします。一度にとっても時間がたつと体外に排出されてしまいます。

クエン酸の効果は2時間ほどだといわれています。タイミングとしては2時間おきに摂取することが効果的ということでしょう。

飲む量としては一日2グラムくらい。(スポーツをしている人は5グラムくらい)

ただしクエン酸の過剰摂取は歯のエナメル質を溶かしてしまいます。空腹時に飲むと胃腸を刺激したりすることもあります。

また、食品として摂取する場合、梅干しの塩分やかんきつ類のカロリーが気になるため、クエン酸の含まれたタブレットなどがおすすめでしょう。

クエン酸は酸っぱいのでドリンク類には糖分が含まれており飲みやすくなっていますが、これもカロリーがあるので気を付けてくださいね。

 

クエン酸サイクル(TCA)のためにビタミンB群と一緒に摂取を

クエン酸サイクル(TCA回路・TCAサイクル)とは生命がエネルギーを作り出すための体内燃焼システムのことです。このクエン酸サイクルをスムーズに回すためにはビタミンB群が必要です。

ビタミンBは豚肉、ウナギのかば焼き、大豆などに含まれています。

TCA回路が活性化すると体内が燃焼し細胞が活性化され、病気に対しての抵抗力が増し、次のような効果が得られるそうです。

・白血球の活性化

・がん細胞の除去

・病後の回復力アップ

・体液アルカリ性化

出典 http://www.903cycle.org/about/cycle.html

+アミノ酸で新陳代謝アップ、+カルシウムでキレート効果が!

クエン酸は新陳代謝を活性化させる働きがあるため、細胞の原料となるアミノ酸と一緒に摂取すると効果的だといわれています。(クエン酸+アミノ酸→新陳代謝アップ)

また、カルシウムなどの吸収率がとても悪いミネラルの吸収率をアップしてくれます。これをキレート効果といいます。(クエン酸+カルシウム→カルシウムの吸収率アップ)

まとめ

クエン酸の効果は2時間ほどなので、一度に大量に摂取しも体外に排出されてしまう。そのため2時間ごとに摂ることが効果的。

またB群と一緒に摂取することで病気に対しての抵抗力も増し、がんなどの細胞も除去される。

また、アミノ酸やカルシウムと一緒に摂ることも効果的な方法である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸と食べ物

error: Content is protected !!