ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

脳はバカで腸は賢い!?

腸内細菌が性格を作るって本当?ヨーグルトを食べない人は根暗?

2017/09/24

アイルランドのコーク大学の研究によるとプロバイオティクスを与えたマウスは社交的になったというのです!

腸内細菌は私たちの性格に少なからず影響があるようなのです。

 

スポンサーリンク

乳酸菌によって腸内環境が整った豚は穏やかな性格

豚と人間は同じ雑食動物で腸内環境がよく似ています。

腸内細菌の割合も人間とよく似ている豚で腸内細菌に関する実験が行われました。

その結果、宿主の性格を形作るという研究報告がされているそうですよ!

中国科学院の金峰教授の実験によると病気がちの豚に乳酸菌を投与し続けた結果元気になり、肉質もよくなったそうです。

さらに驚くことに、乳酸菌を投与し続けた豚が穏やかな性格になったそうです!!!

 

よく似た研究としてスウェーデンとシンガポールの研究所のマウスの研究があります。

腸内細菌を持ったマウスと比べると、腸内細菌を持たないで飼育されたマウスは攻撃的だったそうです。

 

また、同様の研究として九州大学大学院の須藤信之教授の研究結果として、腸内細菌を持たないマウスは多動で不安レベルも高いということが明らかになりました。

腸内では精神を安定させるセロトニンという物質が生成されており腸の機能が低下すると不安や鬱を招くことになるケースもあるそうです。

腸内環境の改善が精神の安定につながるといっても過言ではないといえるでしょう。

 

 

 

プロバイオテクスで社交性アップ!腸内環境改善で

腸内細菌が脳内化学物質に影響を与えている可能性が示唆されていますが、コーク大学で一定量のプロバイオティクスを与えたマウスは自閉症が緩和されて不安レベルが下がったそうです。プロバイオティクスの代表的な食べ物にはヨーグルトがあります。

白い器にヨーグルトが入っていて木の匙がある

腸内環境の改善が社交性を形成する上でプラスになる可能性があるといえるでしょう。

出典  http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fnsys.2013.00009/full

 

また、コーク大学の研究によると世界的なラグビー選手の腸内細菌は一般の人の2倍もの腸内細菌を持っているそうです。特にその中には炎症を抑える細菌が多く生息しており、筋肉の疲労回復につながると考えられています。

 

ポジティブな性格になるには腸内細菌を!

オハイオ州立大学の研究で幼児の性格に腸内細菌が影響している可能性があることが報告されました。

生後18~27か月の用事77人の便の中の腸内細菌の種類と菌種を調べた結果次のようなことがわかったそうです。

・腸内細菌が豊かな男児は「ポジティブ」「社交的」「好奇心が旺盛」な傾向がある。

まとめ

腸内細菌と人の性格は関係が深い。

様々な研究から腸内細菌は宿主の精神を安定させたり、社交的な性格を形成する可能性が指摘されている。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳はバカで腸は賢い!?

error: Content is protected !!