ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

カルピス

アサヒの乳酸菌カルピスの健康効果!商品の種類と成分

2017/10/07

甘い初恋の味「カルピス」!酸味があって大人にも子供にも大人気のカルピス。

カルピスは嗜好品なのですがヨーグルトと同様私たちの健康にとても良い飲み物だって知っていましたか?なんといっても腸内環境に良い乳酸菌であるだけでなく、バイオジェニックス飲料なんですから!

スポンサーリンク

カルピスとは?モンゴルの乳酸菌飲料ジョッヘで健康に!

カルピスは大正時代に作られた飲み物です。

創業者の三島海雲さんがモンゴルを旅している時、ジョッヘという食べ物を食べ続けたところ、疲労が回復したことがカルピスを作るきっかけだったのです。(ジョッヘはよく「飲む」と書かれたのもがありますが、どろどろの乳脂肪であるため「食べる」と表記しました。)

ジョッヘは絞った乳をしばらく置いておくと乳酸発酵が起こります。そして発酵後分離が起こりサワークリームのようなものが出来上がります。これがジョッヘ。酸味があり、主にバターオイルの原料となりますが砂糖やキビを混ぜて食べることもあるそうです。三島海雲さんはこれを食べて、疲労が回復しただけでなく、とてもおいしい!と感じたそうです。

当時はゲルの入り口にある羊の皮で覆われた甕に飲んだ領と同じだけの乳を入れて一晩寝かせていたそうです。翌日には乳酸菌が発酵し昨日と同様のジョッヘが作られるというわけです。

当時はやり始めたヨーグルトを口にした三島海雲さんはヨーグルトよりもモンゴルで食べたジョッヘの方がはるかにおいしいと感じ、乳酸菌を発酵させたクリームを「醍醐味」と名付けて商品化しました。・そして、醍醐味の製造過程で残った脱脂乳を乳酸菌で発酵させた「醍醐素」を販売しています。

しかし醍醐味などはあまり売れませんでした。三島さんは「醍醐素」を改良して体に良い飲み物として販売します。これが日本初の乳酸菌飲料「カルピス」なのです。1922年にはキャッチフレーズは「初恋の味」となりました。

1

 

 

 

 

 

 

 

カルピスは乳酸菌と酵母菌のW発酵!さわやかな香り

カルピスの特徴は2回発酵させていることです。

カルピスの原液は牛乳を脱脂したものに乳酸菌と酵母菌を加えており、1回目の発酵では、乳酸菌の働きによって「カルピス」のもとになる「カルピス乳酸」が出来上がります。

次に「カルピス乳酸」を冷却し寝かせた後、温度を変えて酵母菌の発酵を促し2度目の発酵を行います。つまりW(ダブル)で発酵を行っています。

ヨーグルトなどは乳酸菌のみの発酵であるのに比べるとさわやかな香りが生まれるのは酵母菌の発酵のためです。

主要な乳酸菌はラクトバチルス・ヘルベティカス菌といいます。しかし菌がすべて公表されているわけではなく、菌の入手方法さえ公開していません。

カルピス菌の健康効果!年齢ペプチドは血圧、血管に効果

ラクトトリペプチド!年齢ペプチドが血圧降下、血管しなやか

高血圧のマウスに「カルピス酸乳」を摂取させたところ血圧が下がるという報告があります。カルピス酸乳には血圧降下作用をもつVPP(バリンープロリンープロリン)とIPP(イソロイシンープロリンープロリン)が含まれることがわかったのです。

VPPとIPPの2種類のペプチドはカルピス菌の中のラクトバチルス・ヘルベティカス菌が作り出す成分でラクトトリペプチド(LTP)と名付けられています。

ラクトトリペプチドには血圧を上げる物質を作り出すアンジオテンシン変換酵素(ACE)の活性を阻害する働きがあります。またラクトトリペプチドは消化酵素により分解されにくく、腸管で吸収されやすいことがわかっています。

つまりカルピス酸乳の中のラクトトリペプチドは体内で素早く吸収され、ACE活性を阻害し血圧を降下させる作用があるのです。これはマウスだけでなく人にも同様の効果が確認されています。

高血圧患者がラクトトリペプチドを8週間摂取した時、摂取しなかった患者に比べて収縮血圧が14㎜hg低下したという報告もあります。

カルピス酸乳から発見されたVPP、IPPは年齢ペプチドとも呼ばれています。年齢ペプチドは血管の柔軟性を改善し、血管をしなやかにします。また、血管のつまりを抑制したり、動脈硬化を予防する可能性も期待されています!

カルピス酸乳は平均寿命が長い

マウスを3つのグループに分け、カルピス酸乳を含むエサ、発酵前の乳を含むエサ、通常のエサを与えたそうです。するとカルピス乳酸を与えたマウスのグループの生存率が高く、平均寿命が長いことが3度の実験で確認されました。

マウスの死亡原因は感染症、腫瘍、循環器病でしたが、カルピス酸乳を投与したマウスは、これらの病気に発症率が遅く、これらの疾病の発症を遅らせ、寿命を延長させることがわかったそうです。

カルピス酸乳は免疫力アップ

ラットに参入を投与したところ、肺炎などの感染症にかかる率が少なく、生存率が高まるという結果がでたそうです。また、免疫細胞を活性化させることもわかりました。

腎臓への負担を抑制するカルピス酸乳

酸乳を投与した実験では、酸乳を摂取しないグループと比べて酸乳を摂取したグループは腎臓変(腎AML)の進行や肥大化が抑制されたそうです。

睡眠の質改善をするカルピス酸乳

ラクトバチルス・ヘルベティカス菌の発酵乳を継続的に飲用した高齢者は睡眠中に目覚める回数が減り、睡眠の質の改善の可能性が示唆されました。

発酵乳には美肌効果・保湿効果も!

ラクトバチルス・ヘルベティカス菌の発酵乳は肌の保湿効果とメラニン生成を抑制させる働きのある可能性が示唆されています。

 

美味しいだけの嗜好品というイメージが強いカルピス飲料ですが、さすが乳酸菌!私たちの体にとって、とても健康的な飲み物だったんですね!!

 

カルピス菌の作り出す私たちの人体に有益な物質はバイオジェニックスとよばれています!

特に上記のカルピス菌の作り出すLTPは長寿や血圧降下など私たちの病気の予防につながる成分ですから、ビフィズス菌などのプロバイオティクスなどと比べてもはるかに優秀と言えるのではないでしょうか?

ただ素晴らしいバイオジェニックスを含むカルピスも高カロリーなので摂りすぎには注意が必要です。おいしい嗜好品ですから、バイオジェニックスだけを摂るのならカロリーが少ない善玉元気がおすすめです。

カルピスの主な商品の種類と成分(特定保健用食品のみ)

カルピス酸乳アミールS

LTPを含みます。「血圧が高めの方に」適した乳性飲料。砂糖ゼロ。脂肪分ゼロ。ラクトトリペプチド3.4mg

アミールS/毎朝野菜

LTPを含みます。9種類の野菜と果実の入ったミックスジュース。ラクトトリペプチドも3.4mg入っているほか、食物繊維が0.5g、βカロテンが3600μg入っています。

アミールサプリメント120粒ボトルタイプ

LTPを含みます。4粒で3.4mg。

カルピス しなやかケア 年齢ペプチド

一日の目安3粒に4.8mgの年齢ペプチドが配合されています。

まとめ

アサヒのカルピス乳酸菌は素晴らしい健康効果がある。
モンゴルのジョッヘが開発のきっかけとなった「カルピス飲料」には次のような健康効果がみられる。
ラクトトリペプチドは年齢ペプチドともよばれ、血圧を降下させたり、血管をしなやかに保つ健康効果がある。
また、カルピス酸乳には平均寿命を上げたり、免疫力をアップさせたり、腎臓への負担を軽減したり、睡眠の質を改善したり、美肌効果が期待できる。
カルピス酸乳はバイオジェニックスであり、私たちの健康維持にとってとても効果がある飲み物であるといえる。
ただし美味しい嗜好品なのでカロリーが高いので注意したい。バイオジェニックスだけを健康的に摂取したいのであればカロリーが少ないバイオジェニックス商品を選びたい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-カルピス

error: Content is protected !!