ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

健康になる話

カフェインの効果は?含有量をよく見て過剰摂取に注意!

2017/10/07

スポンサーリンク

カフェインの効果やメリットは?

眠い時にはコーヒーを飲むといいといわれますが、それはカフェインが入っているためです。

眠気覚ましのほかカフェインにはいろいろな効果があります。

利尿作用があり、むくみを解消する効果が!

カフェインには利尿作用があります。体の老廃物を排出してくれるのです。体の余分な水分も体外に排出されるのでむくみも解消されます。

ダイエット効果!運動する前だと効果的。

コーヒーを飲んでから運動をすると体重を落としやすいことがわかりました。

運動の前にカフェインを摂取してから運動をしたアスリートはプラセボを摂取したアスリートに比べると15%も多くカロリーを消費したそうです。ダイエットに効果があり!ですね。血行が良くなることも知られています。

カフェインで眠気を吹き飛ばせ!脳を覚醒させる効果

コーヒーの効果で有名なのが眠気を吹き飛ばし脳を覚醒させる効果があることでしょう!

会議の予定があったり、勉強や残業を頑張ったりしなくてはならないときにはコーヒーを飲んでおくと覚醒効果がありますから眠気が抑えられます。脳が興奮状態になるのですね。

それを利用して昼寝をする前にカフェインを摂取しておくと快適な目覚めが得られます。

カフェインには記憶力を高める効果が!

カフェイン摂取後の24時間は記憶力がアップします。ジョン・ホプキンズ大学の研究結果によると飲まなかった人と比べ格段に記憶力がアップしていたそうです。

 

不整脈で入院する不安を軽減!心拍数や動悸が気になる人に朗報?

カフェインが中枢神経を刺激すると心臓の働きが活発になります。

コーヒーを飲む習慣のある人は不整脈で入院する割合が低いようです。毎日4杯以上のコーヒーを飲む人は10年以内に心房細動などの不正無役で入院するリスクがおよそ3割低いという結果が報告されています。

もっと研究が進んでくると心拍数や動悸、息切れで心臓に不安を感じている人に朗報があるかも!

ただし!!

1日に4杯5敗とがぶがぶ飲む人は逆に興奮作用があるために不整脈になるという説もあります。適量の摂取を心がけましょう!

食欲を抑える効果あり!30分前に胃にいれよう!

カフェインを摂取すると食欲が抑制されます。ダイエット効果があるということです。これはコーヒーを飲むと血糖値が上がるために食欲が抑えられるのです。食事の30分ほど前にカフェインを胃に入れておくと食事の量がコントロールできます。

カフェインの過剰摂取がこわい。摂りすぎに注意

カフェインの過剰摂取は中毒になる!

毎日カフェインを摂取している人は中毒になる可能性があります。

カフェインは神経を興奮させる毒性があるので中毒症状が起こります。

  • 1時間以内の6.5mg/㎏以上のカフェインを摂取すると2人に1人が中毒症状になるといわれています。
  • 1日250mg以上の摂取を長期間続けた場合に起こる。

特に子供の場合は肝機能が未発達なためにカフェインをうまく分解解毒することができないとカフェイン中毒になります。

カフェインは致死量がある!過剰摂取で死ぬことも

カフェインを摂りすぎると死んでしまいます。摂取時の致死量は次の通りです。

体重45キロの人のカフェイン摂取時の致死量は9gです。(目安)

体重が5キロ増えるごとに致死量が1g増えるという計算なので50キロの人は10gです。

 

昔「モンスターエナジー」に含まれる多量のカフェインで14歳の少女が死亡したという報告があります。こわいですね。

エナジードリンクはカフェインの含有量が高く、何本も摂取すると致死量になります。

数年前、アメリカで売られているレッドブルというエナジードリンクを飲んで心臓破裂で死亡した男性がいました。レッドブルのカフェインの含有量は1本分240mg。死亡した男性は18時間以内に1缶710mlのレッドブルを24本も飲んでしまったために死亡したのです。

24本だとおよそ17リットル・・・・

上記のとおり、過剰摂取はとても危険なのです。摂りすぎにはくれぐれも注意しましょう!

では どんな飲み物にどれくらいのカフェインが入っているのでしょうか?

比較!コーヒー、紅茶、緑茶カフェインの含有量は?

推奨されているカフェインの量は体重1kgに対して6ミリグラム。体重が50キロの大人ならば300ミリグラムです。

どれくらいの量かといいますと・・・

  • ドリップコーヒー150ml → 130mg
  • インスタントコーヒー150ml →68mg
  • 紅茶150ml →30mg
  • 緑茶 150ml →30mg
  • 玉露 150ml → 150mg
  • 烏龍茶 150ml → 30mg
  • コーラ 500ml → 50mg
  • 栄養ドリンク 100ml → 50mg
  • ココア 150ml → 45mg
  • ほうじ茶 150ml →30mg

市販の缶コーヒーを調べてみると

  • ダイドーブレンドコーヒー 185ml → 159mg
  • キリン小岩井ミルクとコーヒー 500ml → 170mg
  • アサヒワンダーモーニングショット 190ml → 114mg

などほとんどの缶コーヒーで100mg超えです。いろいろな飲み物で比較してみるとコーヒーのカフェイン含有量は多いです。

玉露が多い!緑茶は?ほうじ茶や玄米茶のカフェイン含有量は?

お茶にもカフェインは含まれています。上記のように玉露はカフェインがたくさん含まれていますが、市販のペットボトル飲料を調べてみると、これらにもカフェインは結構入っています。

  • サントリーウーロン茶 500ml → 100mg
  • 伊右衛門 濃い目 500ml → 100mg
  • お~い!お茶 500ml → 65mg

しかし十六茶や六条麦茶などのようにカフェインを全く含まないお茶もあります。

カフェインレス(ノンカフェイン)

コーヒーが好きだけどカフェインは避けたいという人にはカフェインレスコーヒーがあります。ほとんどのカフェインが取り除かれているので、妊婦や授乳中の人には人気です。

カフェインの量と持続時間は?

カフェインの効果は飲んで30分ほどであらわれます。そして持続時間は5~7時間ほどです。

ホットなら30分ほどで効果が表れますがアイスだと1時間ぐらい。

ですから夜11時ころに就寝する人は、夕方5時以降はカフェインの摂取は控えてください。安眠を妨げます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康になる話

error: Content is protected !!