ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸と腸内細菌

人の腸内細菌解説!ビフィズス菌センター・腸内細菌学会

2017/10/07

スポンサーリンク

腸内細菌はビフィズス菌!免疫器官に効果

腸内細菌の数は100兆個いるといわれていますが、腸内フローラといわれているように様々な種類の菌が棲息しており、数百種類といわれています。

これらの菌は集団を形成しており菌の種類ごとにかたまって棲息しています。

棒状の菌、球状の菌、枝分かれ上の菌など様々な形をしており、菌同士がばらばらになっていたり、くっついていたりと集団もさまざまです。

 

消化液や十二指腸では1gあたり1万個以下と、気は少なめですが、小腸辺りになると1g1000万個以上と急激に増えます。

小腸には空気が存在しやすいので酸素の有無に関係なく生育できる通性嫌気性菌である乳酸棹菌が多く棲みついています。

 

盲腸から大腸あたりでは酸素はありませんから酸素の嫌いな最近である成偏性嫌気性菌が爆発的に多くなります。1gあたり1000億個ほどの菌はビフィズス菌が代表選手ですが、そのほかにバクテロイデス菌やユウバクテリウム菌などが挙げられます。

 

しかし大腸には嫌気性菌の1万分の一ほどの乳酸菌棹菌や大腸菌も棲んでいます。

大腸の細菌には人にとって良い働きをする有用菌だけでなく、発がん物質や毒素を作り出す有害菌も共生しています。有害菌にはウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌毒性株、バクテロイデス菌などがあります。

健康を維持するためには有用菌を優勢にすることが大切です。

 

有用菌の代表選手はビフィズス菌です。ビフィズス菌は Bifidobacterium属に属する菌で乳酸と酢酸を生成します。現在32種類に分類されていますが、ヒトの腸内に棲息するビフィズス菌は B. longum(ロンガム)、B. adolescentis、B. breveなど7~8菌種あります。一人ひとりの腸内からは2~4種類ほどのビフィズス菌が検出されます。

ビフィズス菌はどのような働きをしているのかというとまず第一に整腸作用です。有害菌(悪玉菌)を抑制し、有害菌によって生成される腸内の腐敗物質であるアンモニアやインドールなどを減らし便秘を改善します。

次に腸内環境を改善し、感染防御効果を発揮し、免疫力を高めます。これはビフィズス菌が人体最大の免疫器官である腸管を刺激し感性防御のほか、発がん抑制、アレルギー症状を改善などの効果を発揮します。

腸内をきれいに掃除しているイラスト

また、ビフィズス菌を飲用することで脂質代謝改善効果なども報告されています。

 

まとめ

腸内細菌の中で有用菌(善玉菌)の99.9%はビフィズス菌である。

ビフィズス菌は整腸作用があるほか、免疫力を高めて入れる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸と腸内細菌

error: Content is protected !!