ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

腸とヨーグルト

市販ヨーグルトの効果とは?ビヒダスは大腸がんやO-157に効くの?

ビヒダスヨーグルトの菌はBB536(ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536)。

ビフィドバクテリウムとはビフィズス菌の正式な菌属名です。

BB536は1969年に森永乳業の研究によって、乳児から発見されたビフィズス菌です。そして1971年に日本初のビフィズス菌が商品化されました。現在では世界30か国でBB536の入ったヨーグルトやサプリが販売されています。

1977年に乳酸菌飲料「ビヒダス」が販売され、1978年には「ビヒダスヨーグルト」が発売されました。

bb

 

では、BB536にはどのような効果効能があるのでしょうか?

スポンサーリンク

生きて大腸まで届くBB536は腸内環境を整え酢酸も生成

酸素があると生きていけないビフィズス菌。しかしBB536は酸や酸素に強く生きたまま大腸に到達します。

ビフィズス菌は乳酸菌と違い酢酸も生成するため悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えます。

生きているビフィズス菌が入ったヨーグルトのほうが、整腸作用が高いそうです。(http://bifidus.jp/knowledge/knowledge06.html)

超悪玉菌ETBF菌を除菌!大腸がんと闘うヨーグルト

超悪玉菌と呼ばれるETBF菌。毒素生産型フラジリス菌とよばれるこの悪玉菌は、恐ろしいことに大腸がんのリスクを高めます。大腸がんは女性の死因の第1位です。

ETBF菌保有者にBB536を摂取してもらった結果、菌が10分の1に減少したという結果が得られたそうです。

ちなみにETBF菌は関東圏で保有率を調べたところ10人に1人の割合で検出されたそうです。

bb536

出典  http://bifidus.jp/about/about05.html

BB536がETBF菌を攻撃している映像です。

O-157の、インフルエンザ対策、潰瘍性大腸炎とも戦う

65歳以上の高齢者27名にBB536を投与したところ、試験期間中にインフルエンザ発症や38℃以上の発熱の回数が、投与なしのグループよりも少なくなったそうです。また、免疫力の上昇が確認されたそうです。

また、病原性大腸菌O-157を投与したマウスが32日までにすべて死亡したのに対して、BB536を定着させたマウス群では一匹も死ななかったそうです。これらの怖い病気の予防対策になりそうです。

そのほか花粉症の緩和、潰瘍性大腸炎の緩和作用もあることが報告されています。

daityouenn

出典 http://bb536.jp/morinagamilk/morinagamilk05.html

 

まとめ

森永ビヒダスヨーグルトには整腸作用のほか、大腸がんやインフルエンザ、O-157などの感染を予防するはたらきがある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腸とヨーグルト

error: Content is protected !!