ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

サブカルチャー 少年・青年漫画

鬼滅の刃20話!ネタバレあらすじとアニメの感想!両親の愛を探す鬼

家族の愛の姿を求め続ける「鬼滅の刃」.
毎回瀕死の炭治郎ですが、今回も危機一髪です。

冨岡義勇さんが来てくれなかったら死んでた!

さすが柱!

胡蝶しのぶも可愛いけどすごいすごい!

そんな柱の登場で、また鬼が散っていきました。

スポンサーリンク

鬼滅の刃アニメ20話のネタバレあらすじ

首を切ったのに

首を切ったと思ったのに

自分の糸で首を切ってた蜘蛛男!

「お前たちを刻んでやる。」

と炭治郎に近づく蜘蛛男!

そこに助っ人が!

「次から次に・・・僕の邪魔ばかりするクズどもめ!」

襲いかかる蜘蛛男に呼吸一つ乱すことなく、男は蜘蛛男の首をあっさりと切った。

ごろんと転げ落ちる首。今度は本当に首は切られたのだ。。。。。

鬼滅の刃20話首が落ちる蜘蛛男

るいの命令を受けて山中を走る蜘蛛女は胡蝶しのぶと出会った。

「反省して苦しんだら友だちになれる。」
というしのぶに蜘蛛女は激怒。

しのぶは蝶がはばたくように宙を舞い、蜘蛛女に毒を注入した。

自分の命を第一に考えてきた弱い蜘蛛女は死んだ。

彼女はこれまで、自分を妹のようにかわいがってきた鬼も裏切り、自分の命を優先させてきた鬼だ。

「こんな家族ごっこはもうたくさん。一緒に逃げよう。」

と誘われて逃げたが、るいに見つかってしまう。蜘蛛女はるいの傍らにより、「裏切っていない。」という姿をるいに見せる。



鬼滅の刃アニメ20話感想!家族の愛を求める

「助けてほしい?

 じゃぁ、ぼくの家族になって。」

そう言って、鬼の仲間を増やしていった蜘蛛男・るい。

「今日から君も僕の家族だ。」

家族の姿を追い求める蜘蛛男・るい。

彼の求めた家族像ってなんなのだろう。

「役目」をちゃんとこなすことを求めていた彼。

かれは、

父らしい父

母らしい母

姉らしい姉

を求めていたんだ。役目を全うできないやつはいらない。逆に言えば、本当の家族が持つ団結や愛が欲しかったんだよね。

全力で自分を守ってくれる父親

大きな愛で包んでくれる母親

るいはそういう家族が欲しかった。

せつないな。

死ぬときにいつも鬼は自分が鬼になった所以を思い出す。

そうだ。

自分は両親を殺したんだった。

「ごめんね、丈夫な体に生んでやれなくて・・・・」

鬼になったるいを殺そうとした両親を殺したことを思い出したるい。

そうやって、人は鬼になっていくのだ。。。。

そうやって次第に人の心に鬼が巣食っていくのだ。。。。

それから、蜘蛛女にニッコリ笑ってすごいことを言う胡蝶しのぶがすごいと思った・・・・・・・

あの蜘蛛女も自分の命第一優先させてきたむくいだよね。

るいの一番近くにいたのに、るいの一番欲しかった「愛」を感じさせてやれなかった馬鹿な鬼だ。

蜘蛛女が一緒に脱走したとき姉をかばっていればるいも蜘蛛女もちょっと運命が変わっていたのかもしれない・・・・・

胡蝶しのぶ20話毒を作った剣士です




見逃し配信で視聴する方法

大人気の鬼滅の刃アニメ版ですが、視聴する方法をいくつか紹介します。
きれいな映像で見ることができます。
どちらも無料お試し期間があります。いやなら期間内に退会すれば無料です。
その間の2週間以上は無料でサービスを楽しむことができます。

FOD

FODはフジテレビの見逃し動画配信サイトです。フジテレビ系列のドラマも無料で視聴することができます。
また鬼滅の刃だけでなく、漫画などの電子書籍も常に20%還元されて読むことができます。
漫画「鬼滅の刃」も合わせて読みたい人は、FODがおすすめです。常に2割引の価格で漫画を購入できます!

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

U-NEXT

U-NEXTは漫画やアニメだけでなく、映画やドラマの数が多い動画配信サイトです。

どちらも無料期間があります。試してみて気に入った配信サイトを選んでみるとよいでしょう。
気に入らなければ無料期間内に解約すれば費用は一切かかりません。
最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

鬼滅の刃キャラ&声優

監督:外崎春雄
原作:吾峠呼世晴
アニメーション制作:ufotable
キャラクターデザイン:松島晃
音楽:梶浦由記・椎名豪
総作画監督:松島晃

声優陣は

(竈門炭治郎) 花江夏樹
(竈門禰豆子) 鬼頭明里
(我妻善逸) 下野紘
(嘴平伊之助) 松岡禎丞
(冨岡義勇) 櫻井孝宏
(鱗滝左近次) 大塚芳忠
(錆兎) 梶裕貴
(真菰) 加隈亜衣
(玄弥) 岡本信彦
(産屋敷耀哉) 森川智之

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サブカルチャー, 少年・青年漫画

error: Content is protected !!