ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

虹甘えてよ4巻第14話ネタバレあらすじと感想!最新刊は日和が桐生先生を好きに?

2019/08/16

クラスの仲間の前で
「俺が虹を一方的に好きなんだ。」
と言った岳。
虹はどんなに嬉しかったか。
岳はどんなに辛かったか。

スポンサーリンク

虹甘えてよ4巻第14話ネタバレあらすじその1

たぶん一目惚れだった。
関東中学校柔道大会で日和は岳と当たった。
岳は開始5秒で岳に投げ飛ばされた。
本当は30秒位は持ちこたえられたはず。岳に見入って5秒で負けたと行っても良い。
畳に仰向けに倒れた日和の上にのしかかる岳を見上げるとキスまで30センチ。
あの時の顔を日和は忘れないだろう。

その岳が
「俺が虹に片思いしてるんだよ。」
岳の言葉は矢よりも確実に日和の胸を貫いた。

教室は大騒ぎだ。
「三角関係ってことだよね!?」
「虹、どうすんの?」
岳は黒板に貼り付けられた虹の肌着を取ると虹に渡して教室を出ていった。
肌着を受け取ると虹も教室から離れた。

残された岳は辛かった。
周囲のヒソヒソ声よりも岳の言葉が何よりも辛い。

数学の授業なので桐生先生がやって来る。
彼は黒板の文字を見て何があったのか察知した。
「これは・・・誰が描いたんですか?」
誰も名乗りを上げない。
桐生先生はスマホで黒板を撮影すると
「兵法231条でいうところの侮辱罪ですので、速やかに通報しますね。
 犯人は拘留、または科料・・・要は罰金でしょうね。」

「先生なのに生徒を警察に売るんですか?」
生徒に一人がこう言うと、
「教師なのに犯罪を見過ごせというんですか?衆人環視の中ここまで堂々と犯罪が行われた証拠があるのに?人生終了のお知らせですね。」
と微笑んだ。

校舎

顔を洗う岳の横に日和。
岳はじっと日和を見ている。
自分は友人の恋人を好きだと言ったのだ。
「日和、俺のこと許すな。」
そう言って去っていく岳。
虹じゃなくて岳、お前のことが本当は好きなんだ、と言えたらどんなに良いか・・・・



虹甘えてよ4巻第14話ネタバレその2日和が桐生先生を好きに?

数学準備室にいるのは桐生先生と日和。
「僕にお願いすればいい。山城虹を排除してくれ、と。」
桐生先生は続けた。
「友達なんて幻想ですよ。むしろ呪いだ。」
と。自分より優先させる必要がある他人なんてこの世界に存在するわけがない。
すべての他人は自分のために存在しているのだ、と。
そして桐生先生は日和に予告をした。
「近い将来君は僕を好きになる。」
と。
「それが嫌なら君の恐怖を与える側に回るんだ。ああ・・・・
 ドキドキさせる側と言ったほうがロマンチストな君はお好みかな。」

教室に戻ると一人岳は机に伏して寝ていた。
岳に日和は優しくキスをした・・・

感想

日和の気持ちがとても可愛そうでした。
岳のことが好きなだけなのに、岳からは
「俺を許すな。」
と言われてしまいました。
岳にしてみたら自分は親友を裏切っているひどい奴。
日和はどんなにか「違うんだ~~。」と言いたかったことでしょう。

「好きだって言えたらどんなにか楽だろう。」

話は変わりますが、先日仕事でトランスジェンダーの方の講演を聞きに行く機会がありました。

LGBTの方はみんな周囲から理解をされずにつらい思いをしているようです。
LGBTとはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーというセクシュアルマイノリティの方たちです。芸能人の方もカミングアウトしていらっしゃる方もいますが、まだまだ言えない状況だと思います。
日和もどんなに孤独で辛いか。
そんな中、桐生先生だけは日和を理解してくれています。
クラスの仲間に言ったらおそらくみんな桐生先生ほど理解してくれないでしょう。
嫌悪感
罵声
ひそひそ噂話
カミングアウトする勇気なんて出るはずもありません。
日和は苦しんで苦しんで苦しんで傷ついた最後にしか岳は言えないでしょう。

岳の性的指向と日和の性的指向は違うんだからこれはもうどうしようもないよね。。。。
LGBTの方の話だと成長してく過程で理解者がいることが一番恵まれていたことだ、と言ってらっしゃいました。
自分の周囲にはそんな性的指向にほはいないな・・・とも思っていましたが実は言い出しづらいだけで割合はずっと高いとも聞きました。
日和が今後どうなっていくのか注目です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!