ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少年・青年漫画

鬼滅の刃103話104話最新ネタバレあらすじと感想~子鉄の縁壱零式

すみません。大事な記事を書くことが出来ずに申し訳ありません!
また復活いたします!

スポンサーリンク

鬼滅の刃104話最新ネタバレあらすじと感想~

縁壱零式が腕を折られた!
零式の持ち主である子鉄霞柱・時透無一郎に対する恨みの念は強かった。。。

前回子鉄ちゃん、霞柱のことを「あの澄ました顔の糞ガキ」呼ばわりしましたからね、、、、

子鉄は続ける。

「炭治郎さん、強くなってこういうんです。
 この程度火?ゴミカスが。
 髪長すぎなんだよ、切れ、昆布頭。
 チビ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

恨み節は延々と続き、炭治郎をつかって恨みを晴らそうと、やる気満々だ。

動き出したからくり人形・縁壱零式は素晴らしかった。動き出した零式に手も足も出ない炭治郎。

そんな炭治郎に毒舌を吐く子鉄。さんしょは小粒でもピリリッと辛い。。。?きっと炭治郎を助けてくれるよ。

できるようになるまで食べ物は抜き!

零式との特訓が始まり死にかける・・・零式との特訓と言うよりもご飯抜きの子鉄の特訓で死にかけたのかもしれない・・・

ある時

炭治郎は『匂い』を感じた。零式の攻撃の匂い。。。

来る!

炭治郎は零式に一撃を加えることが出来た。

炭治郎7日ぶりの食事!

おにぎりと梅干し!お茶は高級玉露!

おにぎりと梅干し!

炭治郎と零式のさらなる特訓は続き炭治郎はついに零式の頸を捉えた!

すると

零式の体内から刀が顕れた!

刀鍛冶の里だけあって、この刀は結構重要!
炭治郎が触るとどうなるのかな?

選ばれし者だけが持つことを許された刀かも・・・・・

耳飾りの剣士の刀かもね。めっちゃ楽しみです。

吾峠呼世晴先生に敬礼!

鬼滅の刃103話最新ネタバレあらすじと感想~概略

からくり人形の耳飾りは炭治郎のそれと同じもの。

刀鍛冶職人・小鉄(10歳)が言うには、戦国時代にいた剣士の動きを再現するためにこのからくり人形は作られたのだという。

からくり人形の名前は縁壱零式(よりいちぜろしき)

すごい動きで霞柱・時透無一郎とやりあっている縁壱零式。時に霞柱は炭治郎と同年代くらいなのに零式の攻撃を難なくかわしている。たしか2ヶ月で柱になったっていわれてましたよね。。。

「アノ子(霧柱)は日の呼吸の使い手の子孫だから、天才なのよ!」

とカラスが自慢げに霧柱のことを話す。

炭治郎は子鉄と話し合う。

諦めずに自分の目標(願い)を持ち続けて頑張ることを。
そうすれば
自分が願いを叶えられなくても
その意志はきっと誰かが継いでやり遂げてくれるということを。

炭治郎の願いは妹を人間に戻すことと鬼舞辻無惨を倒すこと。
強い意志で頑張れば自分はダメでもきっとこの志を継いでくれる人物が現れるというのだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少年・青年漫画

error: Content is protected !!