ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

虹甘えてよ最新ネタバレあらすじ8話の感想(青木琴美)虹は女で岳は男だから

2018/05/13

★☆★虹甘えてよ7話のあらすじ★☆★

中学の知り合いに出くわしてしまった岳。
岳は虹と逃げ、細い小路でやつらをやり過ごした。

虹が触れるほど近くにいる。岳の動悸は高鳴る。
「汗だく。」
と笑う虹の笑顔を見てしまった岳は衝動が抑えられずに虹にキスをしてしまいます。

スポンサーリンク

虹甘えてよ最新ネタバレあらすじ8話(青木琴美)

おそらく虹にとっては初めてのキスでしょう。
岳にとってもそれは同じこと。

衝動に駆り立てられる、、、って不思議です。
抑えきれず虹にキスをしてしまう岳。

「好きだ」

この同意なしのキスに虹は自分が女であることを痛感せずにはいられない。
痴漢に出くわした時もそうだったけれど。

その時は確か嫌悪感と恐怖だけだった。
けれど今はその時とは少し違う。

けれど男に対して私が非力であることは紛れもない事実だ。

私は女なのだ。

手首をつかむ

むりやり口づけをする岳は私(虹)の抵抗に気づきもしない。

虹は心の奥で思っていた。

「好きならキスしてもいいと思ってんの?」


「虹、虹、虹・・・・・」

優しく繰り返す岳の声を聞きながら虹はキスされるがままになっていた。


「どうして
 そんなに優しい声で私の名前を呼ぶのに
 私を無理やり押さえつけるの・・・・」

もう戻れないよ、虹。

天真爛漫なあの頃には。

痴漢事件で無理やりこじ開けられた『新しい世界』だったけれど
虹、あなたは『男』というものを知ることになるでしょう。

いつか通る道なんだけれど。

彼女を再び大きく傷つけているのは「無理やり」ってこと。
彼女の同意を無視して

勝てない

虹は男女の体格差を嫌というほど感じた。




岳を知ったのは中学3年生の柔道の大会で。

西岡中の安藤岳は有名人だった。県内で柔道をやっている子どもたちはみんな岳の噂くらいは聞いている。

彼は圧倒的に強かった。

虹だって彼のことは知っていた。
彼が戦う時はドキドキしながら見ていたからだ。

強い
岳のように強くなりたい。

虹は岳に憧れていたのだ。

遠い存在、憧れ

これが虹の岳に対する気持ちだった。

岳の圧倒するような存在感。

優勝撮影

関東中学校柔道大会で優秀者たちが記念撮影をする時虹は岳の隣だった。
でも喋れなかった。

桜

虹と岳は高校が同じになった。

「今度こそ話しかけよう。」
虹は決めていた。

「安藤岳だ!!」

唐突に岳を指さす虹。
話してみると岳は全然噂のような男ではなかった。
噂によると大変な猛者(もさ)で周囲から怖がられていたそうだ。

でも
おそらく岳も高校進学を機に自分を変えたかったのだろうか?
むしろ気が弱いくらいの男の子だった。

そこから私達の付き合いが始まったのだ。
柔道部での楽しい生活。

一緒に戦う仲間としての岳の位置づけを
お互いに失ってしまったかのようだ




虹甘えてよ最新8話の感想~虹は女で岳は男だから

キスされた時は、虹、貴方は拒まなかったの?拒めなかったの?

女であることに非力さを感じて抵抗することを止めてしまったの?
抵抗がムダだとでもいうように。

それとも
少女から女に変わるようになにかキスされているときに岳にたいして何かを感じたの?

強い男『岳』は中学生の頃から知っていたし、憧れていたのは知ってる。

でも虹だって強い。
今まで恋愛だの男女の付き合いだのとは無縁な場所にいた虹。

まざまざと自分が女であることを見せつけられてしまい複雑な気持ちだったでしょうね。

虹、あなたはキスのとき、唇を噛んでやるような抵抗はしない?

岳に惹かれているとはいえ今までのあなたの性格なら無理強いは嫌なはず。
このまま受け入れるはずがない!

この8話は男女の性差がよく描けているなぁ・・・と思ってしまいました。

え?じゃぁ、日和は・・・?

うーん、私の身近には日和のような人はいないからわかりません。

青木琴美先生に敬礼!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!