ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

学校・教育

若槻千夏の謝罪文がひどい!子どももってるくせに学校への要求が半端ない!

2019年7月21日の「教員は勤務時間外でも電話にでろ。」発言で炎上した若槻千夏。
私はこれを読んであったまきただけじゃなくて
翌日書いた謝罪文にも頭きました。

スポンサーリンク

若槻千夏の謝罪文!誰が書いた????

「この度は、自分の発言により、
 先生や先生に関わる方々、
 また視聴者の皆様に
 大変不快な思いをさせてしまう内容に至ってしまいました。

 軽はずみな発言を反省しています。
 私の発言の意図は
 「先生の負担を増やしたい。」
 「先生に過重労働をして欲しい」
 「先生に自分の子供の責任をおしつける」
 という意味では全くございません。

毎日ご一緒する
先生方のとの繋がりが、
子供達や保護者にとっての安心のよりどころになっている事もあり、
そこをきっぱり割り切ってしまわれるというお話に対して、
一個人として、
悲しさを覚えてしまったのは事実です。

ただ、このような発言が、
過重労働で大変な思いをされている
先生方の心や身体の負担に繋がり、
そのようなプレッシャーから先生になりたい方が減少してしまうという
日本の『教師』という職業の現実問題と大変さを改めて痛感しました。

課題になっている「教師」という職業の現状の労働環境をしっかり理解して、
先生方の負担をどうやったら減らしていくことができるのか?
自らも意識して考えていこうと思いました。・・・・・

軽はずみな発言を反省しています。
 私の発言の意図は
 「先生の負担を増やしたい。」
 「先生に過重労働をして欲しい」
 「先生に自分の子供の責任をおしつける」
 という意味では全くございません。

この自己防衛の塊のような文面に驚愕!
極論の自己防衛の文面は一体誰が考えたのか?
若槻千夏さんは昨日の今日だから、全く反省してないと思う。
だって
本番であれだけ声を荒げていたんだから。
翌日の謝罪文は
「やばいぞ。」
と感じて書いただけの言い訳・・・・・

若槻千夏さんの子供の学校の教員は二度と若槻千夏が良い親だなんて思わないだろうし、
子どもと接するときも気をつけないとね・・・・と思うはず。
ブーメランのように自分の子どもに返ってくるんだよ。
この先、学校で子どもがなにかあったら若槻千夏さんは全力で学校非難するタイプだね。
子どもがこうなったのは学校のせいだって思うだろう。
でもね、自分のせいだと思うよ、若槻千夏さん。ブーメランなんだよ。
(教員が報復するというわけではない!)
親のそういうものの見方が、子どもをいびつにするということ。

親と連絡を取る時でも、平気で
「6時半過ぎで。」
とか
「懇談は6時過ぎで。」
とか言う保護者いるけど、本当に辛い。

私の恩師である先生も先日、鬱で教師を辞めてしまいました。本当にいい先生だと思っていたのですが貴方のような親達のせいで精神的に追い込まれてしまいました。子供はまだ発展途中で分からないことや、ダメなこともします。それを教えるのが教師ですが、親は「大人」です。なぜ大人達が教師の負担なってしまうか、感情論でかんがえないでもらいたい

そうです。親の手に負えない子どもたちがたくさんいて、私はこれまでうつ病になってしまった教員をたくさん知っています。
みんな親のこういった考え方と、子どもを増長させている親の責任です。

そんなこと言うなら、芸能人も街中で声をかけられたら100%の対応をしてください。その時、一緒に自分の我が子がいても、客を優先しなければなりません。我が子は二の次です。そういうことです。


なるほど!若槻千夏さん!これからはぜひそうしてくださいね!!
そうすることが自分の発言に対しての責任でしょう!!

若槻さんのように「寂しい」と感じる方は少なからずいるのは事実です。しかし、先生も一人の人間です。家庭もあるし、自分の時間も必要です。プライベートの時間が削られると、心も削れていく。保護者対応だけが原因ではないですが、プライベートの時間を削ると、自分の体調もガタガタになりました。ごくせんや金八先生はあくまでもドラマです。今の時代だからこそ、先生の業務とそれ以外を分けて考えるべきです。若槻さんの意見も、いち保護者の意見ですが、テレビに出る者としては、発言を考えてしていただきたいです。若槻は洋服のブランドも立ち上げていますが、社員さんにも、18時以降も自分の時間を削って対応して欲しいのでしょうか?若槻さんは、とても優しい方だと思うので、社員さんに「ボロボロになるまで働け!」とは言わないと思います。先生も一緒です。「寂しいから対応して欲しい。」と言われると、本当に苦しいし、悲しいです。


教員に対してだけこんな要求するなら許さない!

親では手に負えない子どもの育成を教師一人に、さらには一人の教師に手に負えない子供40人の子育てを任せることの残酷さを考えていただけると幸いです。教師四年目の意見です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-学校・教育

error: Content is protected !!