ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

ドラマ

義母と娘のブルース3話のネタバレあらすじと感想!この幸せがいつまでも続きますように

義母と娘のブルース3話のネタバレあらすじと感想を紹介します。
今回はハラハラして見てましたが、良一さんの優しさもひしひしと感じてとても良かったです!
この幸せがいつまでも続きますようにと思いましたが、それは叶わないようです。

スポンサーリンク

義母と娘のブルース3話のネタバレあらすじ

仕事を辞め専業主婦となった 亜希子 (綾瀬はるか) 。

娘となったみゆき (横溝菜帆) と夕飯の買い物をしていると、別のスーパーの方が2円安いなど、少しずつ主婦の考え方が染み付いてきた亜希子。しかし値段の高い食材を手に取ると黙っていられず、その食品会社の社長に直接電話をかけ値下げ交渉をするなど、元キャリアウーマンならではの交渉術を発揮していた。

その姿を見かけたみゆきのクラスメイトの母親が、亜希子の噂をし始めると、その子供たちが
「新しいママすごいね」
とみゆきに話しかけてくるようになる。友達が出来た喜びで、みゆきはすぐに
「友達が遊びに来ても良い?」
と亜希子に相談する。みゆきにとって、友達が家にくることは初めてで、嬉しさでいっぱい。
そんな中、亜希子は 良一 (竹野内豊) から頼まれ、母親としての最重要任務を果たすべく、PTA の集まりに出席することに。保護者たちは、近々開催される運動会について話し合っていたが、いちいち疑問に思ったことを質問する正体不明の亜希子に、保護者たちから反感をかってしまう。

その後、意気揚々と友達におうち会の招待状を送ったみゆき。当日、亜希子も 下山 (麻生祐未) と一緒におもてなしの準備をしていたが、家に帰ってきたのはなぜかみゆきだけ。

意気消沈するみゆき。その原因が PTA と自分のやりとりに関係があると気づいた亜希子は、親同士の喧嘩で子供を巻き込むことは悪質だと、良一の反対を押し切り PTA の保護者たちに奇襲攻撃をしかける準備をする。しかもPTAを敵に回してしまい、運動会のPTAがやるべき仕事を亜希子は一人でやることになってしまう。

運動会当日、いろいろな問題が起きる中、いろいろな人達が亜希子を助けてくれることに。運動会は成功したかに見えた。
しかし亜希子は
「PTAは必要だということが証明された。」
というのだった。PTAの母親たちとも和解し、新しいママ友が出来た亜希子。

そんな時、良一は病院へ向かうのだった。
(一部 公式サイトより)

PTAの母親たち
↓  ↓

感想!この幸せがいつまでも続きますように

私この男の子、めっちゃ好きです!!
憎めませんよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ドラマ

error: Content is protected !!