ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少年・青年漫画

約束のネバーランド第95話最新話ネタバレあらすじと漫画の感想!考察も

「僕たちをおいて逃げて。」
傷ついたオリバーはルーカスに言った。
足手まといだからだ。
オリバーの反応は!?

約束のネバーランド第95話最新話ネタバレあらすじを始めます。漫画の感想と考察も書いてます。

スポンサーリンク

約束のネバーランド第95話最新話ネタバレあらすじ

「置いて行け・・・?」
ルーカスは耳を疑った。

しかしオリバーは決めていたのだ。
僕らを助けてくれたルーカスを今度は僕らが助けるんだって。
ルーカルは僕らに生きる目的をくれた。
ルーカスは家族をくれた。

ルーカスと生きて僕たちはどれだけ救われたか。

「父親がいたなら・・・こんな感じだったのかなぁ・・・・」
ルーカスは俺達にとって大切な恩人であり。
師匠であり、
兄さんであり、
父さんだ。

だからみんなは決めていたのだ。
全員で生きることができない時はルーカスと元気な者たちははならず生かして外の世界に出す!

「足手まといになりたくない。」
これがオリバーたちの気持ち。

違う!違うよ、みんな・・・・
ルーカスは心の中で叫んだ!
みんなは僕に生きる目的をくれたんだ!
ここ(ゴールディ・ポンド)を出てどうする?

怯えていた僕の目的をくれたのはみんなだ!

「だめだ。置いていけない。」

レイは言った。
「誰も置いて行かねぇ。エマは助ける。全員でも帰る。」
これはまさにエマの言葉だ。
誰かを犠牲にして生き残る道は誰も選ばなかった。

全員で助け合ってシェルターに帰るのだ!
オジサンはエマを背負い
全員で脱出することになった。

ゴールディ・ポンドは破壊された。

大きな一歩。
レイは感じている。これは大きな始まりなのだと。

ゴールディ・ポンドからの脱出は
これは世界を変える脱獄なのだ

水没するゴールディ・ポンドを後に全員でここを脱出!

約束のネバーランド第95話の漫画の感想や考察

あっけなく死んでしまったレウウィス。
ということはまだまだ手強い敵がうじゃうじゃいるということ。
今回も泣けました。
人間たちの結びつきがとても良かったですよね!

白井カイウ先生と出水ぽすか先生に敬礼!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少年・青年漫画

error: Content is protected !!