ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

古屋先生は杏ちゃんのモノ22話(5巻)最新話ネタバレあらすじと感想(りぼん)

2018/06/08

沖縄ですよ!沖縄。
okinawa~~~~~♫
今月号から修学旅行編がスタート!!
どんな素敵な思い出が作れるのでしょうか!?

では古屋先生は杏ちゃんのモノ22話(5巻)最新話ネタバレあらすじと感想を始めます。

りぼん2018年7月号です。

スポンサーリンク

古屋先生は杏ちゃんのモノ22話(5巻)最新話ネタバレあらすじ

「青い空、輝く海
 そして・・・・
 眩しい太陽」

みんな浮かれてます!なんてったって沖縄!
城ヶ崎陸(ジョー)なんて、なぜかアロハシャツ!!制服どこいった~~~??

そんな中杏ちゃんは先生と喧嘩したまま旅行に突入しちゃったもんだから、暗いです・・・・

でも杏ちゃん古屋先生のこと、許せません。だって古屋先生ったら、なるるに見とれて元カノ思い出したんだから。

(でもね、よ~~~く考えてご覧?古屋先生に彼女っていたっけ?・・・・)

沖縄の海

カメラタイム
なるるがカメラで杏ちゃんとキミシマンを写そうとします。

「ほら、お二人、カップルなんですし、もっと近づいて

キミシマンは杏ちゃんの肩をぐいと引き寄せます。
とっても至近距離!!

杏ちゃんもこれにはドキリ
内心びっくりです・・・・

キミシマンの顔を見ながら
「キミシマン、いつもなら乗らへんのにどうしたんやろ?」
と思う杏ちゃん。

それを離れた場所で見ていた古屋先生、内心穏やかではありません。

そういえば、前号でキミシマン、古屋先生に宣戦布告のような発言しましたね!

修学旅行覚悟しとけよ

「あいつめっちゃ本気やん・・・・」
古屋先生なんとかせんといかんよ!!

これは大荒れの修学旅行になるのか!!?

美ら海水族館

沖縄美ら海水族館のおみやげコーナー
杏ちゃん、ジンベエザメの帽子をかぶってます。
そのとなりでは
キミシマンもなぜかおそろいのジンベエザメの帽子

キミシマン・・・・めちゃくちゃ似合ってない・・・・・

しかしなるるは

「かわいいっ!
 お二人ともすっごくお似合いですよ~~

と杏ちゃんとキミシマンの写真を撮りまくり・・・・

「キミシマン、こーいうの嫌いじゃないの?」

と言う杏ちゃんに対してキミシマンは

「嫌い」

と言います。もうね・・・・おとぼけ顔のジンベエザメの帽子が、あまりにも不似合いすぎます。

「でも、お前は好きやろ?」

キミシマンはちゃんと杏ちゃんに付き合ってくれているのでした!
「先生のことは置いといて、ちゃんと楽しめよ。」

キミシマンの優しい気遣いが嬉しい杏ちゃん。

古屋先生はトイレに行く途中の杏ちゃんを待っていました。
そしてジンベエザメのパペットを持っていました。

思わず杏ちゃんの顔がぱぁぁぁぁぁ・・・・♫
しかーし・・・・杏ちゃん
「何ですか?」
と顔を背けてキビシク突き放す・・・・

「これやる。お前好きやろ、こーいうの。」
この言葉に杏ちゃん思わず笑っちゃいました・・・・

「先生、これどんな顔して買ったんかなって。
 でも しゃーないやろ
 宇佐美が喜ぶと思ったから・・・・」

「先生・・・・」

おっ、
二人はなかなおり~~~そして楽しい修学旅行が始まる~~~~
のはずが・・・・

向こうからなるるがやって来ました。
聞かれもしないのに手に持っているパペットの言い訳をする古屋先生。。。。

「いや、ちゃうねん。これはその・・・・
 オレの趣味じゃなくて・・・・
しゃーなし買っただけやから!!」

それを冷めた目で見ていた杏ちゃん。
「しゃーなし(=仕方なし)ですか・・・・」

「あっ、まってください、宇佐美さん。」
杏ちゃんを追いかけるなるるに杏ちゃんは思わず
「来んといて!」
と言ってしまいます。
なるるは悪くないのに思わず口から出てしまった言葉・・・・

ホテルの部屋

ホテルの部屋はいのりん、なるる、杏ちゃん。

杏ちゃんはいのりんに古屋先生と喧嘩をしていることを話します。
でもいのりんは先生を信じてあげたら?といいます。

「私が(古屋先生に)告った時宇佐美さんのことでいっぱいだった。ちゃんと想ってても伝えるのが下手なんだよ。」

いのりんの言葉でちょっと元気が出てきた杏ちゃん。

そこへキミシマンがやって来ます。杏ちゃんのことが心配でやって来たのでした。

なるるにも心をこめて謝った杏ちゃん、仲直りできました。

カヤック

翌日はシーカヤック。杏ちゃんはキミシマンとペアを組みました。

ところが旧に雨が降り出しました。

宇佐美さんと君嶋さんが海に出ちゃってます。

杏ちゃんはキミシマンと鍾乳洞の中にいました。

鍾乳洞

とりあえず雨はしのげてます。

「これ着とけ。」

と自分のパーカーを手渡すキミシマン。

「でもキミシマン、寒くない?入る?」

自分だけ暖かいのは悪いと思った杏ちゃんはキミシマンに言いました。
(まさか入ると思ってなかったんでしょうね、、、)

しかしキミシマンは杏ちゃんに寄り添って二人で一枚のパーカーを羽織ることになりました。。。。

「あ・・・・あーそーいや
 うち そろそろ先生と仲直りしようと思って!
 いつも心配かけてばっかでごめんなぁ。
 やからさ
 うちにもなんか協力させてよ!」

こう杏ちゃんは言います。

「ほら、前に言ってたキミシマンの好きな子とか!ってもうおらへんのやっけ?」

キミシマンは杏ちゃんの顔を見ながら
「いるよ。」
と言いました。
そして杏ちゃんの頬に手をあてキスしようとしました。

「いるよ、・・・・ここに。」

雨は止みそうもありません。

まとめと感想

おおおおお キミシマンついに告白か???

今回はキミシマンがいつになく接近してきてますね。
杏ちゃんもキミシマンの優しさがストレートに伝わってきているようですね。
そして
いつものキミシマンらしくない!
最後の場面では二人の顔が近い!
というか
唇が近い!

キスは未遂に終わるんだろうけど
問題は
これまでのように杏ちゃんが「冗談でしょ~~~』みたいに気づかず鈍感なふりをしてごまかすか
はっきりと断るかどっちかだと思う。

修学旅行は始まったばかりなのでどうなるのかとっても気になります!
古屋先生は多分大声で探しながら杏ちゃんたちを見つけると思いますが、きっと杏ちゃんとキミシマンのただならぬ雰囲気にとっても気になるはず!
はっきりと断ってたら杏ちゃんの態度はぎくしゃくしてるだろうしね・・・・
でもきっとこの修学旅行では
「雨降って地固まる」
ということで杏ちゃんと先生はどこかできっとラブラブに戻ると信じよう!!

香純裕子先生に敬礼!

スポンサーリンク







漫画を自宅で手軽に読みたい方へ電子書籍をおすすめします。
調べてもらえばわかりますが、シーモアが安いので私はシーモアをおすすめしています。

電子書籍のメリット
・書店にいかなくても購入できる。(雑誌も購入可能)
・電子書籍は書店の書籍よりも安い。
・不要になっても捨てにいかなくても良い。
・購入してしまえば、10年後だって読み返すことができる。
・海外旅行や校内のどこでもネット環境があれば購入できる。
・頻繁に割引クーポンが送られてくるのでお得。
・はじめに20000円とかのチケットを購入する時それ以上の金額のチケットが手に入る。
たとえば
単発で購入する時は     20000円→22000円分購入可能

月額メニューで購入する時は 20000円→26000円分購入可能

電子書籍が好きといっても、ひと月に20000円も購入することは出来ません。
でも私は3ヶ月ほど月額会員になって購入した後に一旦退会します。

私の場合は         10000円→12500円分購入。3ヶ月ほどすると
              30000円→37500円分購入可能な金額になります。これ以上購入することはないと思った時に退会します。

購入分の金額は、退会しても消えることはないので、お得なポイントで好きな電子書籍を楽しみます。

そしてまた購入したくなったら新しく月額会員になります。これが多分一番お得なんじゃないかな?と思いますよ。

コミックシーモア

ログインで会員になった後、シーモアの一番上の「ポイント購入」でポイントを購入できます。

ほかにも次のような電子書籍があります。

RENTA!

BookLive!

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

楽天KOBO

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!