ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

古屋先生は杏ちゃんのモノ2巻ネタバレあらすじと感想(香純裕子)

スポンサーリンク

古屋先生は杏ちゃんのモノ1巻ネタバレあらすじ

5話

恋のためならなんのその!キミシマンは頑張ります、体育祭。

そしてお昼ごはん。どでかいお重を持って杏ちゃんは古屋先生のところへ行きますが、他の生徒に先を越されてしまいます。

そこで杏ちゃんはキミシマンにお弁当を食べてもらうことに。

杏ちゃんとキミシマンが仲よさげにお昼と食べているところを古屋先生は微笑ましく2階から見ているのでした。

体育祭終了後、古屋先生は杏ちゃんとキミシマンにラーメンをおごると言います。

ラーメン屋で働いているドジな女の子は5巻で出てくる成瀬さん、お見知りおきを。

ラーメンを食べた後、杏ちゃんを車で送る古屋先生。

車中で古屋先生は

「君嶋と付き合わへんのか?」

と杏ちゃんに聞きます。・・・・い・・・言ってはならんことををを・・・・・

杏ちゃん、この言葉を古屋先生から聞くと

「車、停めてください!」

と叫びます。古屋先生は杏ちゃんの腕をつかむと、振り返った杏ちゃんは・・・・泣いてました。

そりゃそうだ!!好きな人に「別の人と付き合う」ことをすすめられたら・・・・ショックですよね!

この痴話喧嘩もおもろい!負けとらんで~~杏ちゃん!

で、ついに古屋先生にこう言わせてしまいます。

「試しに付き合ってみようやないか。」

あんちゃーーーん!グッジョブ!

6話

で、初デートです。勝手がわからずにキミシマンの助言を受けたとおりにする杏ちゃん。

もちろんキミシマンは、このデートを引っ掻き回すつもりです。

杏ちゃんといえば、古屋先生を楽しませたいという思いでいっぱい!

キミシマンの助言通り動く杏ちゃんのデートは裏目裏目に出ます。

でも最後は微笑ましい遊園地デートとなりました。

車で帰る途中、古屋先生のお気に入りの琵琶湖の湖岸道路を車は走ります。

「来る時、こんなとこ、通りましたっけ?」(杏)

「いや・・・ここはオレのドライブコース。楽しませてもらったお礼や。」(センセ)

いいかんじ~~~

っておもうでしょ?最後にも笑えるオチがあるんやで~~~

7話

我妻いのりちゃんの登場~~。

クールでクールな我妻さんは「先生」という生き物が大嫌いだそうな。

でも我妻さんは古屋先生が本屋で自分をかばってくれたり、

自分のために難しい参考書買っていたりしました。

そんな古屋先生を見ていて我妻さんは古屋先生に惹かれ始めます。

8話

大風邪ひいた杏ちゃん、今日は学校を休みます。

杏ちゃんのお弁当が食べられない古屋先生は、我妻さんのよこでパンをかじります。

我妻さんは翌日古屋先生にお弁当を作ってきます。

はじめは杏ちゃんに悪いとおもたのでしょう、断りますが、思い直して受け取ります。(古屋先生が優しいからですよ!)

それを見ていたキミシマンは杏ちゃん家に行き、そのことを話しますが、杏ちゃんは

「先生って誰にも優しいやん?そこもいいとこの1つやし。」

杏ちゃんの心の広いところはびっくりです。

「先生を一番幸せにできるんは、うちしかおらんようにめっちゃ頑張るもん!」

 

という杏ちゃんは魅力の固まりです。キミシマンもイチコロやな~~~

ふるあん2

古屋先生は杏ちゃんのモノ2巻感想(香純裕子)

2巻は杏ちゃんの魅力がいっぱい詰まったお話でした。

古屋先生の誠実さもとっても素敵でした。

香純裕子先生に敬礼!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!