ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

健康になる話

ヨーグルト革命!生菌死菌違いなし!カルピス菌もOK

2017/10/07

スポンサーリンク

生きて腸まで届く乳酸菌!生菌は

生きて腸まで届く乳酸菌!

とっても健康に良さそうですよね。菌が腸内で大活躍してくれそう。

でも実は生きてても死んでても同じ効果だって知ってましたか??

菌が生きているから活躍してくれるわけではないんです。。。。

 

生きて腸に届く乳酸菌をうたった商品はとても多いのですが、それはイメージだけで腸で増えるわけではありません。

摂取しなくなるとやがて腸内から消えてしまいます。

ヨーグルトの菌は腸内に定着するわけではないんですね。

 

メチニコフという乳酸菌の研究学者がブルガリア菌の生菌を与えたマウスと殺菌したブルガリア菌を与えたマウスを比較したところ生育率はどちらも同じだったそうです。

つまり生きて腸まで届かなくても腸への効果は変わらないということ!

死んだ菌でも腸に入れば全く同じ効果が得られるというのです。

しかもどの菌でもいいらしい!

高いヤクルト菌でもブルガリアヨーグルトでも、ビヒタスでも、明治でもメグミルクでもなんでもかんでもいいらしい。

ペットボトルに入っているプラズマ乳酸菌だってフェカリス菌だってOK。

カルピス菌だっていいんです!(カルピスさん失礼しました。ジュースと思っている人多いんでないかな??)

ビオフェルミンなどの常在だっていいんですよ!

問題は腸内に入れる菌の数なんだそうです。菌の数がたくさんだといいんです。

どれくらいか?

先ほどのメチニコフは300~500mlを提唱していますが、はっきりとした根拠はありません。

善玉菌の名付け親である光岡知足先生は毎日250mlのヨーグルトを食物繊維とともにとっておられるらしいですよ。

実際に2兆個摂取した患者さんが良くなったという報告があるとすると2兆個・・・・

ヨーグルトならバケツ1杯だそうです。

高脂肪で死んでしまいます・・・・

ですから光岡知足先生は毎日サプリで補っておられるそうですよ、

 

人間は体内にビフィズス菌がいるので光岡知足先生は「ビフィズス菌動物」とよんでおられるそうです。

そして

人間ではない動物はラクトバチルス菌が多いので「ラクトバチルス菌動物」とよんでいるそうです。

でもどちらでも同じ効果があるんです。

売っているビフィズス菌のヨーグルトが良くて、

そのほかのヨーグルトが悪いわけではありません!!

カルピスに至っては殺菌済みですよ。でも菌体を体内に入れることこそが重要なんですって!

ただヨーグルトは高カロリーの上に砂糖だの果物だのが入ってかなり健康的には???の食品になっているそうなので自分でトッピングするものを選んでから食べましょう。
乳酸菌サプリ 楽天で見る

乳酸菌サプリ Amazonで見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康になる話

error: Content is protected !!