ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

日本民族

パシュートの意味とは?日本女子スピードスケートは平昌五輪でオランダに勝てる?

パシュートとはスピードスケートの団体競技です。


女子団体パシュート

と呼ばれています。

日本女子ではメダルが期待されています。世界新記録も日本が出しています。

しかしあまり知られていない競技ですよね。

団体パシュートとはどんな競技なのでしょうか?またどんな意味なのでしょう?

調べてみました。

パシュートポスター

スポンサーリンク

スピードスケートのパシュートとは?その意味

パシュートとはもともと自転車競技から始まり、スピードスケートにも採用された競技です。

パシュートの意味は日本語では


追跡 追撃

という意味です。

団体パシュートはトラックの180°向こう側とこちら側で同時にスタートをして、女子だと400mスケートリンクを6周(2400m)したタイムを競う競技です。

3人1チームでスタートして、最後尾の選手がゴールしたときのタイムを競います。

男子だと8周(3200m)です。

相手チームに抜かされてしまうと失格になります。

パシュートとは

日本女子パシュートは世界新記録をもつけどオリンピックレコードをもつオランダに勝てる?

この日本女子のパシュートでは日本が金メダル候補と言われています。

日本女子の団体パシュートは世界新記録を出し今季は3戦全勝なのです。

輝かしい戦績はこちら。

2010年バンクーバー五輪で銀メダル

2017年11月10日ワールドカップ第一戦VSオランダ 優勝

2017年12月3日ワールドカップ第二戦VSカナダ 優勝

2017年12月9日ワールドカップ第四戦VSアメリカ 優勝

 

スポンサーリンク







日本のワンライン作戦!チームワークで勝つ?

日本は『ワンライン』と呼ばれる選手3名が一直線に並んで滑る戦法。

先頭は風圧がかかり滑るのも大変ですから、交替していきます。

その時日本の交替の方法は先頭がカーブで大きく外側を周り後ろにつきます。

周りこんで交替

この方法だと2番手3番手のスピードは落ちません。ハイスピードのまま走り続けられるのが強みなのです。

日本以外の外国の選手が先頭を交代する時はやや横に並びスピードを落としながら交替していきます。2番手や3番手の近くを通るためにスピードがやや遅くなるのです。

減速交替

この作戦は結構チームワークが大切なので日本女子団体パシュートのメンバーは同じリンクで練習したり、食事時も同じ時間に食事をしたりして絆を大切にします。

外国選手は別のリンクで練習することが多いそうですよ。メンタルが大切な作戦なので日本人が得意とするところではないでしょうか。

またこの作戦は科学的にも良いと立証されているそうですよ。
減速して先頭が交代するよりも、大きく横にずれて交替したほうが距離は長く滑らなくてはならないけれど、体力は消耗しないそうです。
ソチ五輪の後に日本は対策を立てここまで来たのだそうです。

しかし強敵オランダ勢はオリンピックレコードをもつ強豪です。

実質はこのオランダと日本の対決と言っても良いでしょう。

日本女子の団体パシュートで金が出ることを祈っています!!

選手メンバーは平昌五輪ですでにメダルを取っている高木美帆選手が中心となっている最強メンバーです。
期待したいところですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日本民族

error: Content is protected !!