ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

ドラマ

ドラマ高嶺の花第1話もも(石原さとみ)はどんな性格?自立神経失調なの?

元婚約者から「つきまとい禁止令」が出ている月島もも。

月島ももは婚約者に結婚を破棄されたお嬢様。一体どんな女性なのでしょうか???
性格が気になりますよね。性格が悪いので振られちゃったのでしょうか??

スポンサーリンク

高嶺の花の月島もも(石原さとみ)はどんな女性?性格を分析

失恋から立ち直れない女

月島ももはクロックスとジャージを一緒にランドリーにかけちゃう世間知らずな女性。
華道の家元で恵まれた才能の持ち主。
婚約を破棄され半年も引きこもっている。心の傷は相当深い。

父親はももに「芸術家として情熱的な生き方をしろ」と言います。
ももの才能を認め、早くももに立ち直って欲しいと思っています。
男に翻弄されずにさっさと新しい恋をしてその男を捨て、芸術家として家元を継いでほしいと思っているのです。

下町の男どもの会話

月島ももは男たちに「高嶺の花」と言われてしまいます。
観賞用の一番の美女。
それはあくまで観賞用。
4番目とか5番目のほうが付き合いやすいと言う会話を聞く。

言葉遣いが悪い

お嬢様のくせに言葉遣いが半端なく品がない・・・・
「深く考えなさんな。」
「めそめそすんな!」
それは心が荒んでいるから。
自立神経失調で料理の味もわからないほど傷ついているもも。

「仕方ないけど。それ半年前のことなんだけどね。
つきまとい禁止ってだされてるんだけど。会いに行っちゃって・・・
情けなくて腹が立つ。」
風間直人は言います。
「いい女だ。相手を嫌いになれないんだよね。憎めない。」

喜怒哀楽→喜怒愛楽

自分の母親が言っていた言葉。愛していたら「憎めないんです。」いい女だから。

自分を認めてくれた直人たちの言葉を聞いて涙を流すもも。
ももは久々に心が癒やされたようでした。

ずっと辛かったんだよね。
これから風間直人に癒やされていくのが楽しみです!

月島ももは自立神経失調で壊れた女の子

見ていて痛々しい女性でした。
傷ついていることがよく分かる石原さとみの演技もすごかった。
でも強い。
華道家として、舞台に立った時の彼女の堂々とした態度は見ている人を魅了せずにはいられない!
早く吹っ切れて新しい恋を掴んでほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ドラマ

error: Content is protected !!