ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

少女漫画

ふしぎ遊戯白虎仙記ネタバレあらすじ最新刊第5話感想~四神天地書再び

2018/09/16

学校の図書室で鈴乃が見つけたものは、あの『四神天地書』

震災で10年がたった今、再び鈴乃の前に現れた謎の書物。

鈴乃の鼓動が速くなる。

この書物を開けば・・・・会える・・・

無意識のうちに『四神天地書』に手が伸びる鈴乃。

彼女は自宅に『四神天地書』を持って帰ってきてしまう。そして書物は机の引き出しに。

スポンサーリンク

ふしぎ遊戯白虎仙記ネタバレあらすじ最新刊第5話|四神天地書

家では正次が歩く練習をしており、階段から落ちたのだ。骨折しているというのに!!
正次は焦っていた。
昼に兵学校の同期が来たそうだ。満州国に出征を促すためだった。

「だめ!!」

鈴乃は正次に生きていてほしかった。出征してしまうともう生きて帰ることができるとは思えなかったのだ。。。。

大切な人には死んでほしくない!

鈴乃は決心した。生きていてほしいからだ。


「正次さん、あのお話(結婚)、お受けします。
 私をお嫁にってお話。」

自分だって生きていたかった。私だって生贄になんかならない。四神天地書が頭をよぎった。しかしこの世界で生きた10年、これが現実。これを大切にしたい。鈴乃は養父である先生と正次ににっこりと微笑んだ。

「すず 俺おまえが喜ぶことなんでもしてやるからな!」
正次の本心だった。
鈴乃はありがたい、と思った。

着替えの時正次が部屋に入ってきた。

畳

「式までは我慢する。でも少しだけお前に触れたい。」
正次に優しく触れられると鈴乃の胸の鼓動は高鳴った。
それと呼応するかのように机の奥で何かがカタカタと震えている。




そして鈴乃を襲う罪悪感。
まるで正次に対しての気持ちが偽りであるかのようだった。

この本を手元においてはダメだ

鈴乃は制服に着替え『四神天地書』を風呂敷に包んだ。一刻も早く図書館に返すためである。
家を出る時先生が帰宅した。
先生は鈴乃のことをよく見ていた。

「今回の決断に本当に悔いはないね?」

夜道を学校へ向かう途中、正次の兵学校の輩達(やからたち)が鈴乃を待ち伏せていた。いや、偶然かもしれない。

絡んできた。

「これが堀江正次の女?」
「堀江もけしからんなぁ。除隊してすぐに女にうつつを抜かすとは!」

男どもは鈴乃の腕をねじ上げた。地面に倒れる鈴乃に

「本当に堀江はいけすかん奴だったな。」

「また別の任を与えようという動きもあるようだった。」

男どもは正次が兵学校で優遇されていることが気に入らなかったらしい。鈴乃にちょっかいを出そうとしたその時!

鈴乃に寧蘭の記憶が蘇った。
10年前に見た虎の眼。


鈴乃の鼓動が速くなる!大きくなる!




ドンッ

その瞬間!


鈴乃は消えた。

鈴乃の様子を心配して見に来た正次や先生たちを残して。

鈴乃は四神天地書の中にいた。

放り込まれた場所は水の中。

ごほごほ

顔をあげるとそこには裸体の女がいた。まさに沐浴をするところだったようだ。

「私はこの眼を知っている・・・・・(寧蘭?)」

突然現れた女(鈴乃)のために宮殿内はざわついた。

「ここを星詠女の宮と知ってて侵入したか!」
「兵を!」

裸体の女は付き人たちに守られて奥へと引っ込んだ。

ここは・・・あの世界なの??

裸体の女も鈴乃に見覚えがあったようだった。
裸体の女は巫女と呼ばれていた。

巫女とよばれる女は鈴乃の持つ懐中時計にも見覚えがあった。

あれは・・・・

女は突然10年前のことを思い出す!
自分が寧蘭だった頃のことを!
鈴乃と出会い彼女から羅針盤を奪った日のことを!

戻ってきたのだ!

「捕まえて!あの不審な女を捕らえなさい!あれは巫女のあたしを狙ってる!!

今の地位を脅かす鈴乃の出現は寧蘭にとっては即刻潰す必要があった。

必死に逃げる鈴乃をかくまってくれる兵があった。
「おまえが侵入者は?」
兵は鈴乃を抱きかかえるとワープを繰り返し、城外に消えた。


「君を助けたこのいい男はランヴァ=ハム!で、ずぶ濡れの君は?」

男は衣をふわりと鈴乃にかけると高い場所からこの土地について説明をしてくれた。

「ここは西廊国首都・アルド。さっきまで中にいたところは皇帝の住まう宮殿だよ。」

宮殿




男は王宮に仕えることに不満を持っていた。
名誉ある近衛に受かったというのに不自由な暮らし。規律も厳しく酒も女もダメ。

そんな話を聞いていた鈴乃はつい先程の兵学校の男どもに襲われそうになったことを思い出した。

なんてこと!

「なんであの砂漠じゃないの??
なんで同じ褐色の肌なのにあの人のところじゃないの!?」

鈴乃は絶叫した。

「そう、思い出した、寧蘭!私を殺そうとしたあの人がなんで『白虎の巫女』ってよばれていたの?」

男は

「巫女に会ったのか?」

と聞くと鈴乃を遺跡の中に連れて行く。

そこには昔見たあの『白虎の巫女』の絵が描かれていた。

この男は奎宿(とかき)といった。
この男は『白虎七星士』の一人。

能力は「一定の距離内を瞬時に飛べる』
頬には「」の文字が浮き出ていた。

「この星を体に持つ『七星士』は巫女を守護しともに国を救う。」
カサル・ラオツェが私に教えてくれたあの七星士?

そして父親の「鈴乃、仲間がいる。鈴乃を護る7人の!」という言葉を思い出す鈴乃!

鈴乃は男に言った。

私をある兄弟のところへ連れて行って下さい。

鈴乃と奎宿(とかき)の旅が始まりそうだ!



感想

寧蘭といきなり出会っちゃいましたね!!
寧蘭にとって鈴乃は絶対に潰しておかなきゃいけない存在。
なのにどしょっぱつから出会ってしまいました。

この国じゃもう鈴乃はお尋ね者ですな・・・・

どうやって探すんでしょうね、カサル達。
↓     ↓     ↓
白虎仙記の鈴乃とカサルと寧蘭

渡瀬悠宇先生に敬礼!

スポンサーリンク







「ふしぎ遊戯 白虎仙記」が読みたいと思ったら、こちら
 ↓    ↓    ↓

シーモアやRENTA!がお得です。
これらの電子書籍は次のようなメリットもあります。
・書店よりも割安に購入できる。
・海外でも読むことができる。
・お風呂の中でも読むことができる。

シーモアの特徴

半額クーポンや割引クーポンがあるだけでなく、ポイントをまとめて購入するとお得です。
20000円分購入しておくと23000円分のお買い物が出来ます。
私はこのポイントとクーポンを併用して漫画を購入します。書店よりも断然お得です。

コミックシーモア

RENTA!の特徴

RENTA!には様々な支払い方法があります。クレジットカードだけでなくてYhoo!ウォレットやBitCashなどでも支払うことが出来ます。

RENTA!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-少女漫画

error: Content is protected !!