ごあいさつ

  こんにちは。 ようこそお越しいただきました。 漫画の記事はネタバレを含む感想や今後の考察です。

映画

そして父になるのネタバレあらすじと最後(ラスト)の結末!相関図や評価(感想)も

6年間育てた息子は他人の子だった・・・・

衝撃的なキャッチコピーの映画『そして父になる』

2013年に是枝裕和監督が制作した日本映画です。
主演は福山雅治。
第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の正式出品作品です。

最後(ラスト)はスタンディングオベーションが起こったという話題作です。一体どんな結末だったのでしょうか。
「そして父になる」のネタバレなあらすじや感想や口コミの評価も始めます。

スポンサーリンク

そして父になるの相関図

監督・脚本:是枝裕和

出演者
野々宮良多:福山雅治
野々宮みどり:尾野真千子
斎木ゆかり:真木よう子
斎木雄大(ゆかりの夫):リリー・フランキー
野々宮慶多(良多の息子):二宮慶多
斎木琉晴(雄大の息子):黄升炫
宮崎祥子(元看護師):中村ゆり
野々宮大輔(良多の兄):高橋和也
鈴本悟(弁護士、良多の友人):田中哲司

そして父になる人物相関図

そして父になるのネタバレあらすじ!

取り違え

野々宮良多(福山雅治)は大手の建設企業のプロジェクトリーダー。
妻みどり(尾野真千子)と6歳の息子慶多(二宮慶多)と3人ぐらしのエリートだ。
そんなある日慶多を産んだ産婦人科から連絡があった。

慶多がほかの赤ちゃんと取り違えられた

DNA鑑定の結果慶多は良多とみどりの子供ではなかったことが判明した。

後日良多は取り違えられた相手の両親と会うことに。
斎木雄大(リリー・フランキー)と妻のゆかり(真木よう子)だった。
子供の名前は斎木琉晴(黄升炫)

病院側からは子供は元の家族に戻したほうが良い、とのこと。
2つの家族は週末に会うことになった。

2つの家族は全く違った環境だった。

エリート一家の野々宮家。
経済的にも裕福とは言えない斎木家。

子どもたちが仲良く遊ぶ様子を見て良多は両方の子供を引き取りたいとエリート弁護士の鈴木(田中哲司)に相談。
週末はそれぞれの家に宿泊することになった。

事件の発端

取り違えたのは産婦人科の看護婦だった。
看護婦は当時、再婚した夫の連れ子と上手くいかずに、順風満帆にいっているみどりを妬んで赤ちゃんを取り違えたのだった。

現在では看護婦の家庭は上手くいっており、罪を償いたいと謝罪をしたのだ。

どちらが引き取るか?

家族団らんを楽しむ雄大。
子供の成長のためになんでも子ども自身にさせる良多。
2つの家族の価値観は全く違っていた。

雄大になつく我が子。
良多は焦っていた。

「このままではいけないの?」
と言うゆかりに対して
「これから地のつながっていない子を愛せるのか?」
と言う慶多。ゆかりは、
「愛せる、似ている似ていないにこだわっているのは血の繋がりを感じていない男だけ。」
と言う。
この二人のやり取りを聞いてしまった慶多。

そして父になるのラストは?最後の結末!

慶多は斎木家に行くことになった。
斎木琉晴(黄升炫)も野々宮家で暮らすことに。

琉晴は自分が生活してきた環境とはあまりにも違い、馴染めなかった。

琉晴は家を飛び出し斎木家に戻ってしまう。

良多は琉晴を連れ戻し自分の昔のことを思い出していた。
良多は幼い頃両親が離婚していた。後妻に育てられた良多もまた、実の母に会いに行ったことがあったのだ。

そのことを思い出した良多は翌日琉晴といっしょに遊んだ。
部屋の中にテントを用意し3人で寝ながら窓から星空を見たりした。
「パパとママのところに帰りたい。」
と言ったあとすぐに
「ごめんなさい。」
と言う琉晴の頭をなでる良多。

琉晴を我が子として感じ始めていたみどりは慶多にたいして罪悪感を感じている。

翌朝家族を撮っていた良多のカメラに良多の画像が。
慶多は良多の気づかぬうちに良太(自分の父)の姿を撮っていたのだ。それを知って涙を流す良多。

翌朝良多は琉晴を連れて斎木家に行く。
慶多はは良多から逃げる。
「パパなんかパパじゃない!」

逃げる慶多の後を追いながら良太は慶多に話しかける。
「でも6年間はパパだったんだ。出来損ないだけどパパだったんだ。ミッションは終わりだ。」
慶多を抱きしめる良太。二人は斎木家の家の中へみんなで入っていった。

おわり

そして父になるの感想や口コミ評価は?

結局子どもたちはどちらの家族の子供になったのかは描かれていません。
でも私はきっと血がつながってはいないけれど6年間一緒に過ごした我が子とこれからも暮らすんじゃないかな?と思っています。

育った環境や生きてきた歴史っていうのはとても重いもので
子供にだって染み付いている。
良多は慶多のことをわかってやりたいと思えたんだからちゃんと向き合えると思う。

それとともに良多の「社会に出たときに生きていけるように。」という思いは否定しないで大切にしてほしい。その形も愛だと思うから。

Yahoo!の評価は3.64
まあまあでしょう。
高評価のレビューによると

『子供って大人に対してそうそう明確な答えを出したりはしないものだ。

良いのか悪いのか、好きなのか嫌いなのか、モジモジしていてはっきりしない事の方が多い。
子供は大人を見ているから。
大人の曖昧さを見ているから、鏡のように写し返す。』

子どもは一つの人格を持つ人間だけど良多は導くものとして結構厳しく我が子に接していたけど、斎木家は子供と一緒に遊ぶというスタンス。
でもどちらも我が子を思ってのことだよね。

こんなレビューもありました。

レビュー2

みんな父親たちはこの映画を見て自分のことを考えるようです。
我が子を厳しく育てた父親はもっと触れあえばよかったと反省し
何も教えてこなかった父親は社会へ旅立つためのいろいろなことを身に着けさせればよかったと思うみたい。

でも父親たちはそうやって育てられたから我が子にも同じことをするんだよね。

厳しい評価にはこんなレビューも。

レビュー3

見る人によって評価がずいぶん違うので驚きました。

スポンサーリンク







『そして父になる』が見たい!と思ったら
U-NEXT かFOD なら見られます!
それ以外の映画やドラマも多数あります。

そして父になる(U-NEXT)<U-NEXT>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

error: Content is protected !!